サニーレタスの栄養を活かす食べ方

サニーレタスに多く含まれるβ-カロテンやビタミンEは、油に溶けやすい性質があります。ドレッシングやオリーブオイルなどをかけて食べたり、油で炒めたりすると、体内への吸収率が高まりますよ。

また、サニーレタスに豊富な食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなる栄養素です。ヨーグルトやチーズなど、善玉菌が含まれる発酵食品と合わせることで、相乗作用が期待できますよ。(※5,7,12)

サニーレタスの栄養を効率よく摂れるレシピ5選

1. サニーレタスと豆腐の韓国風サラダ

Photo by macaroni

サニーレタスや豆腐、わかめに、ごま油入りの合わせ調味料をかけて作るサラダです。韓国風の味わいに仕上がるので、韓国料理や中華料理の副菜におすすめ。サニーレタスを生のまま使うため、熱に弱いビタミンCを無駄なく摂ることができますよ。(※6)

2. サニーレタスと焼きサバのマリネサラダ

Photo by macaroni

焼きサバと野菜のマリネを、サニーレタスにトッピングして作るひと品です。華やかな見た目に仕上がるうえ、食べごたえがあるのがうれしいポイント。また、脂質が多く含まれるサバを合わせることで、サニーレタスに豊富なβカロテンやビタミンEの吸収率が高まります。(※5,7)

3. サニーレタスとサーモンの生春巻き

Photo by macaroni

サーモンやチーズ、サニーレタスなどを巻いて作る生春巻きのレシピです。チーズには、腸内環境を整える作用がある「乳酸菌」が含まれています。サニーレタスに豊富な食物繊維と合わせて摂ることで、相乗的な作用が期待できますよ。(※12,13)

4. サニーレタスと豚肉のサムギョプサル

Photo by macaroni

キムチとサニーレタスを豚肉で巻き、トースターで焼いて作るサムギョプサルです。キムチには善玉菌が含まれています。善玉菌を増やす作用がある食物繊維が豊富なサニーレタスと合わせて摂ることで、腸活に役立ちますよ。(※12)

5. サニーレタスと豚肉のコンソメ煮

サニーレタスで豚肉を包んで作る、ロールキャベツのようなコンソメ煮です。火を通すことでカサが減るので、サニーレタスをたっぷり摂れますよ。サニーレタスに含まれる水溶性の栄養素を無駄なく摂るために、煮汁とともにいただきましょう。(※6,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ