ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

ペーパータオルケースの選び方

設置タイプを選ぶ

置き型タイプ

置き型はペーパータオルケースのなかでも取り入れやすい、定番のタイプです。テーブルや洗面台など、ちょっとしたスペースに置いておけます。置き型は市販のティッシュ箱のように上から取り出すタイプと、横から取り出すタイプの2種類があり、後者はペーパータオルケースの上に小物を置くことができますよ。

壁掛けタイプ

「物を置きたくない」「スッキリとみせたい」という方は、壁掛けタイプがおすすめです。物を置くスペースがない場合でも、壁さえあればティッシュを取りやすい高さに設置できます。壁掛け方法は、ピン止めや両面テープでの設置がほとんど。どちらであれば壁掛けできるのか、事前に自宅の壁をチェックしておきましょう。

つり下げタイプ

つり下げタイプは、キッチンやトイレなどでペーパータオルケースを使いたいときにおすすめです。戸棚に挟むようにして設置することで、スッキリとみせられます。ネジで固定できるタイプであれば、戸棚から落ちてしまう心配がありませんよ。

使いやすさをチェック

・補充しやすい作り
・つなぎ目や凹凸が少ない
・ペーパーが取り出しやすい


これらの3つをクリアしているペーパータオルケースは、使いやすさに優れています。中身を補充するとき、ワンアクションでできると手間がかかりません。つなぎ目や凹凸が少ないものは、汚れたときのお手入れが簡単です。上部のフタや間口にこだわったアイテムを選べば、ペーパーが少ないときも取り出しやすいです。

お手入れのしやすい素材を

お手入れのしやすさを考えて、素材にも注目してみましょう。ポリウレタンをはじめとしたプラスチックやABS樹脂であれば、水垢や汚れがついてもサッと洗い流すだけで落とせます。

反対に天然素材で作られたペーパータオルケースは、塗装あり・なしによってお手入れ方法が変わるので注意してください。手軽さよりも、インテリアの一部として丁寧にお手入れできる方やデザイン性を重視したい方におすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ