ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

教えてくれる人

Photo by 藤宮 晋

バロンデッセ ギャラリー&カフェ バリスタ / 藤宮 晋(ふじみや すすむ)さん
2001年頃からバリスタとして活躍。2012年「BALLOND'ESSAI(バロンデッセ)ラテ&アート」の立ち上げに携わる。長年下北沢を拠点とし、ラテアート教室の開催やバリスタ講師としても活動。コーヒーに欠かせない “抽出” を極め、飲み比べ・食べ比べなどが楽しめるメニューの提供、ラーメン職人とコラボレーションするなど下北沢とバリスタ業界を盛り上げている。

コンビニで買える「ドリップコーヒー」の種類

Photo by macaroni

まずはコンビニ大手3社で販売されている「ドリップコーヒー」のラインアップをチェック。各メーカーのオリジナル商品は以下の通りです。

【セブン-イレブン】
・セブンプレミアム ドリップコーヒー オリジナルブレンド
・セブンプレミアム ドリップコーヒー 香りのモカブレンド

【ファミリーマート】
・ファミリーマートコレクション ドリップコーヒー オリジナルブレンド
・ファミリーマートコレクション ドリップコーヒー モカブレンド

【ローソン】
・ローソンオリジナル 深いコクのドリップコーヒー

こちら5種類をコーヒーのプロである藤宮さんがテイスティング。商品それぞれに合うチョコレートの組み合わせを選んでいただきました。

コンビニ「ドリップコーヒー」ってどんな味?おいしく味わうには?

Photo by 藤宮 晋

手軽に購入できるコンビニのドリップコーヒーは、バリスタからみてどんな印象なんでしょうか。まずはテイスティングの感想を伺いました。

藤宮さん:
「コンビニで購入できるとあって、手軽にサッと飲める印象です。濃度は全体的に薄め。味は……若干違いはあるんですけど、風味や酸味は感じにくいですね。コーヒーは産地によって特徴があるので、風味を際立たせるにはチョコレートでフレーバーをプラスするのがおすすめです」

コーヒー豆の産地の特徴

Photo by macaroni

藤宮さんに、日本人にも馴染みがあるポピュラーな産地をピックアップしていただきました。選んでいただいたのは、エチオピア・コロンビア・ケニア・ブラジル・コロンビアの5種類。飲んだことがあるという方も多いのではないでしょうか。

・エチオピア産……ベリーのような完熟した風味
・コロンビア産……ボディがありフルーティーでフローラルな風味
・ケニア産……カシスや柑橘類のような風味
・ブラジル産……ナッツチョコレートのような風味
・インドネシア産……強いボディとコクがあり、シナモンやハーブのような風味


上の図や特徴を参考に、自分の好みに近い産地を選んでみましょう。

淹れ方のポイント

藤宮さん:
コンビニのドリップコーヒーとチョコレートを組み合わせる場合、パッケージに記載されているお湯の容量より100cc増やしましょう。コーヒーだけで飲むと薄く感じるかもしれませんが、お湯を増やすことで飲みやすくなりチョコレートとのペアリングがしやすくなります。ほかは記載の手順に従って淹れてください」

飲み方・食べ方のポイント

藤宮さん:
「最初にチョコレートをひと口食べて、味がなくならないうちにコーヒーを飲みます。
口の中でチョコレートとコーヒーの風味が混ざり合うイメージですね。そこから鼻に抜ける香りを楽しんでください。コーヒーだけを飲んだときとは違う香りに驚くはずです!」

では、各社のドリップコーヒーに合わせて藤宮さんが選んでくださったチョコレートをご紹介します。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ