β-カロテン

トマトジュースには、100gあたり310μgのβ-カロテンが含まれています。

β-カロテンはプロビタミンAとも呼ばれており、体内に入るとビタミンAとして作用します。主に皮膚や目の健康を保つはたらきがありますよ。不足すると、暗いところで目が見えにくくなるおそれがあります。(※1,4)

ビタミンE

トマトジュースには、100gあたり0.7mgのビタミンEが含まれています。

ビタミンEは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンのひとつです。抗酸化作用が強力であることで知られており、細胞を酸化から守るはたらきがありますよ。また別名、若返りのビタミンとも呼ばれ、老化対策が期待できます。(※1,5)

カリウム

トマトジュースには、100gあたり260mgのカリウムが含まれています。

カリウムは、ナトリウムと協力して細胞の浸透圧を保つ役割を担っています。また、カリウムはナトリウムを体外へ排泄するはたらきがあり、血圧の低下にも関わっていますよ。カリウムは水に溶けやすいので、効率よく摂取するには生のままがおすすめです。(※1,6)

食物繊維

トマトジュースには、100gあたり0.7gの食物繊維が含まれています。

食物繊維は、水溶性と不溶性の2種類があります。その両方が善玉菌のエサとなるため、腸内環境を整えるはたらきが期待できます。

また、水溶性食物繊維にはコレステロールやナトリウムを体外へ排泄する作用もあり、健康のためには欠かせない栄養素ですよ。(※1,7)

リコピン

トマトジュースには、100gあたり8.3~14.3mgのリコピンが含まれています。

リコピンとは、カロテノイドと言われる色素成分のひとつです。トマトが赤い理由は、リコピンを含んでいるから。リコピンは、ビタミンEよりも強力な抗酸化作用を持ち、酸化を抑える役割があります。

また、カロテノイドの吸収率は生野菜よりも、加工品のほうが高いと言われていますよ。(※2,8,9)

トマトジュースの糖質は太るのか

トマトジュースの原料はトマトで、野菜だから太らないだろうと思う方も多いのではないでしょうか。確かに、トマトジュース100gあたりの糖質量は3.3gと、さほど高くはありません。ですが、果物入りのトマトジュースや、飲みすぎた場合、糖質の過剰摂取に繋がり、太るおそれがあります。

トマトジュースを飲む際は、飲みすぎに注意したり、トマト果汁100%のものを選ぶようにしましょう。(※1,10)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ