ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

豆乳シェアNo.1のメーカーが作った豆乳鍋つゆ

Photo by akiharahetta

しょうゆで有名なキッコーマンは、豆乳でもよく知られているメーカーですよね。そんな同社から発売されている「濃厚豆乳鍋 まろやか担々」をご存じですか?

豆乳を知り尽くしたメーカーが作る豆乳鍋。おいしい予感しかしないので、期待値高めで検証スタートです。

キッコーマン「濃厚豆乳鍋つゆ まろやか担々」

Photo by akiharahetta

360円(税別)
「濃厚豆乳鍋つゆ まろやか担々」は、ひと袋750g。3~4人前に相当し、価格は360円(税別)です。ストレートタイプの鍋つゆなので、水で薄めたりせずそのまま使いましょう。

「おいしい無調整豆乳」をたっぷり使用

Photo by akiharahetta

豆乳鍋だけにメインの原材料は豆乳。キッコーマンの「おいしい無調整豆乳」をたっぷり使用しています。体にもうれしい鍋つゆといえそうですよ。

つゆのカロリーは100gあたり31kcalでまずまず低め。つゆがヘルシーな分、「具材が多少カロリー高めでも大丈夫かな」と目論んでいるのは筆者だけではありませんよね。

オレンジがかった色味が食欲をそそる

Photo by akiharahetta

鍋つゆはほんのりオレンジ色。クリーミーな豆乳に、すりごまや豆板醤、にんにくなどを合わせ、コクを出しています。お肉に合うよう仕上げているとのこと。

豆板醤の赤い色味が出ていますが、辛さはマイルドで子供でも食べやすいそう。辛いもの好きな大人は、豆板醤を別添えしてもいいですよね。家族みんなで楽しめる鍋が作れそうですよ。

作り方・合う具材は?

Photo by akiharahetta

メーカー推奨の具材がユニークなのでご紹介します。豚バラ肉・長ねぎ・豆苗・焼き豆腐・そして “餃子” です。ね、ちょっと意外でしょう?

餃子だけでなく豆苗も焼き豆腐も変わり種です。おもしろい鍋になりそうなので、おすすめ通りに用意しました。どうなるのでしょうか……。

彩りよく具材を並べて火にかける

Photo by akiharahetta

手順はごく簡単。袋をよく振ってから鍋に注ぎ、具材を並べてひと煮たちさせるだけです。豚バラはスライスなので火が通りやすいし、ほかの具材も比較的すぐに煮えるものばかり。餃子が煮えたタイミングで完成としていいでしょう。
Photos:11枚
餃子や焼き豆腐が入った豆乳鍋をホットプレートで温めている様子
キッコーマンの豆乳鍋つゆパッケージ
キッコーマンの豆乳鍋つゆパッケージ右上部分
豆乳鍋つゆをホットプレートに注いでいる様子
豚バラスライスや餃子などの食材を並べた様子
ホットプレートに入った鍋の具材
鍋の具材の餃子をおたまですくっている様子
白い器に取り分けた豆乳鍋と箸など
小さなすり鉢に入った白ごま
水色の器に入った幅広いうどん
湯気の立つ豆乳鍋から肉を取り分けている様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ