7. 函館が誇る老舗和菓子店「千秋庵菓寮」

Photo by カメイアコ

1860年創業の和菓子店「千秋庵総本家」といえば、「どら焼き」とバター煎餅の「山親爺(やまおやじ)」が名物です。東京・有楽町にも出店し、そのおいしさは全国区レベル。

函館駅前の複合施設「ハコビバ」内にも店を構え、実演販売とともに喫茶室をオープンしました。

ふわふわ生どら(苺)

Photo by カメイアコ

250円(税込)
名物のどら焼きをワンハンドスイーツ仕立てにしたのが、「ふわふわ生どら」です。あんこ、苺、抹茶の3種類。

皮はフワフワで、中のあんこは豆のコクをしっかり感じられます。苺の果肉と苺クリームの甘酸っぱさが絶妙です。観光途中の小休憩にもぴったり。ふかふかの皮と餡の甘さが疲れた体を癒してくれます。
店舗情報

函館駅チカのカフェでまったり

この記事では函館駅から徒歩5分圏内で行けるカフェを取り上げましたが、ほかにもレトロな喫茶店がたくさん。カフェ巡りの好きな方は、ぜひ訪れてみてください。

※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS