4. 函館に喫茶文化を広めた「珈琲焙煎工房 函館美鈴」

Photo by カメイアコ

1932年創業の、函館で一番古い喫茶店です。焙煎機が設置され、珈琲のアロマを楽しみながら、オリジナルのケーキをゆったり楽しめますよ。

店内にはテーブル10席とカウンター席があり、隣との間隔が広く取られています。

レモンケーキ

Photo by カメイアコ

180円(税込)
「美鈴」でおすすめするのが、「レモンケーキ」です。もともとテイクアウト用なのでメニュー表に載っていませんが、喫茶室で食べたいと言うとお皿にのせて出してもらえます。

ほろっとやわらかいスポンジ生地のまわりに、レモンがほのかに香るチョココーティングが何とも爽やか。甘みもしっかりしているので、深煎りのコーヒーと相性バツグンなのです。
店舗情報

5. チーズオムレットだけじゃない「函館洋菓子スナッフルス」

Photo by カメイアコ

函館土産の人気もの「HAKODATE PASTRY SNAFFLE'S(函館洋菓子スナッフルス)」のチーズオムレット。JR函館駅から徒歩5分のところに1号店があり、喫茶スペースで食事ができます。1階でカフェの利用を伝えて、ショーケースでケーキを注文すると、2階のテーブル席でゆっくり食べることができますよ。

観光で疲れたときに利用しやすいのも魅力です。

ミルクレープ フリュイ

Photo by カメイアコ

421円(税込)
おすすめは、なんといっても「ミルクレープ フリュイ」。もちもちの皮に、ミルキーな生クリームとカスタードクリームを重ね、イチゴ・バナナ・キウイなどフルーツが盛りだくさんです。

ボリューミーですが、クリームは軽やか。甘さもほどよく、一個ぺろっと食べられます。
店舗情報

6. 地元で愛されるフランス菓子の名店「プティ・メルヴィーユ」

Photo by カメイアコ

「スナッフルス」と並んで函館で人気のあるパティスリーが、1995年創業の「Petite Merveille(プティ・メルヴィーユ)」です。本格的なフランス菓子をリーズナブルな価格で販売しています。

2019年12月、函館駅前に開業した複合施設「ハコビバ」内に、カフェ併設の店舗をオープン。全52席あり、コーヒー1杯から利用しやすい雰囲気で、地元客も頻繁に利用しています。

あったかメルチーズonソフトクリーム

Photo by カメイアコ

350円(税込)
「あったかメルチーズonソフトクリーム」は、カフェ併設店ならではのメニューです。温めた「メルチーズ」の上から、牛乳感たっぷりのソフトクリームをのせたアツヒヤのスイーツ。

「メルチーズ」がとろけてチーズソースのような食感になり、ソフトクリームとの相性バツグンです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS