ライター : yuko_smile

食べる事、レシピを見る事、カフェに行く事、お出掛けする事、お笑い見る事、肉からスイーツまでなんでも大好き一児ママです。一人の時間を大事にしてます♪

函館はおすすめスイーツが盛りだくさん!

海鮮やラーメンなど人気グルメが多い函館ですが、市内にはスイーツ店もたくさんあり、地元の人や観光客が多く訪れています。行列ができるほど話題のお店や、地元の人しか知らない穴場店など、魅力的なお店が盛りだくさん。

そこでこの記事では、北海道在住の筆者が、函館のおすすめスイーツを10店舗を紹介します。

1. 賞味期限30分のクレープ「アンジェリック ヴォヤージュ」

函館市弥生町にある、クレープが人気のお店「Angelique Voyage(アンジェリック ヴォヤージュ)」は、函館市電 大町駅から歩いて3分の場所にあります。異国情緒あふれる街並みが残る人気スポット「元町エリア」にあるので、観光と合わせて立ち寄ることができますよ。

オープン直後から行列ができることが多いので、時間に余裕を持って行くのがおすすめ。

いちごミルフィユ

750円(税込)
「アンジェリック ヴォヤージュ」はもともとチョコレートのお店なのですが、若い人たちを中心に話題となっているメニューが、クレープです。このクレープを目当てに、連日多くのファンが訪れています。

卵からこだわったもちもちの生地に、北海道産の生クリームやたっぷりのフルーツが包まれたクレープは、なんと賞味期限が30分!

いちごにサクサクのミルフィーユ生地が合わさった一番人気の「いちごミルフィユ(税込750円)」のほか、いちごと練乳の相性が抜群の「いちごみるく(税込700円)」、キャラメルとバナナがよく合う「キャラメルバナナ(税込700円)」など、さまざまな味を楽しめるので、数人でシェアしながら食べるのもおすすめです。
店舗情報

2. 老舗の菓子店「はこだて 柳屋」

「はこだて 柳屋」は、函館市万代町にある菓子店です。函館駅から車で7分、人気観光スポットである「五稜郭(ごりょうかく)公園」からは車で10分で行くことができます。

ショートケーキやガトーショコラ、いも羊羹や栗饅頭など、和菓子と洋菓子の両方が店頭に並ぶお店です。

いかようかん

1,188円(税込)
「いかようかん」は、その名の通りイカのかたちをした羊羹です。フォルムを忠実に再現しており、見事なでき栄え。求肥をコーヒー餡で包んでいるので、コーヒーの香りがほのかにして味も絶品です。インパクトのある見た目なので、函館を訪れた記念になること間違いなし。
店舗情報

3. 絶品ジェラート「チッチョ パスティッチョ」

「Ciccio Pasticcio(チッチョ パスティッチョ)」は、函館市石川町にある洋菓子店です。店内のショーケースにはケーキが並び、チョコレートや焼き菓子も販売しています。

テイクアウトだけでなくカフェスペースでのイートインも可能。コーヒーや紅茶を飲みながら、お店自慢のスイーツを楽しむことができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS