ライター : カメイアコ

グルメライター

好きなものを食べで好きなことを書いていたら、いつのまにかグルメ専門のライターになっていました。年間100軒近くの飲食店を取材。仕事が終われば、ただの酒好きの一児ママです。

1. 遊び心あふれるパフェを堪能「さふらん」

Photo by カメイアコ

JR函館駅から徒歩3分、趣のあるビル2階に1974年創業の「さふらん」があります。店内には80年代のアメリカンポップスが流れ、昭和のハイカラな喫茶店の雰囲気が。

テーブル席がメインで、窓際の席は日当たりも良く心地よいですよ。

コーヒー村(コーヒーゼリーパフェ)

Photo by カメイアコ

750円(税込)
「さふらん」のおすすめは、やわらかな味わいのコーヒーと種類豊富なパフェです。「コーヒー村」は、お店自慢のコーヒーで作った無糖ゼリーをグラスの中で固め、その上からたっぷりのアイスと生クリームを重ねたひと品。

フルーツは、パイナップル・オレンジ・いちご・りんご・バナナと盛りだくさんで、それぞれ大きくカットされています。来訪の際は、ぜひお腹を空かせた状態で!
店舗情報

2. 紅茶と焼き立てワッフルが評判「紅茶専門店HARVEST(ハーヴェスト函館駅前店)」

Photo by 紅茶専門店ハーヴェスト

函館駅前にある、1995年オープンの「紅茶専門店HARVEST(ハーヴェスト)」。店内にはワッフルの香ばしさとともに、紅茶の上品な香りが漂います。

座席数が少なく、プライベートな空間が魅力。ひとりでも入りやすく、静かに過ごしたいときに重宝します。肌寒い時期になると、お冷の代わりに白湯を用意してくれるのも、嬉しいポイントです。

ワッフルセット(紅茶付き)

Photo by カメイアコ

1,080円
はじめて来訪するなら「ワッフルセット」がおすすめ。「ティーワッフル」は、創業当時からの定番メニューです。ティーシロップをたっぷりかけていただきます。

焼きたてはサクサク、中はほわっとした生地が舌の上でほどけていきますよ。ティーシロップは、メープルやはちみつよりも爽やかで、やさしい甘さが特徴。バターの塩気も絶妙です。
店舗情報

3. 函館朝市にある老舗喫茶「十字屋珈琲店」

Photo by カメイアコ

1932年創業の「十字屋珈琲店」は、函館朝市「えきに市場」のなかにあります。自家焙煎珈琲豆をメインに据え、地元客に愛されてきましたが、近年は評判を聞きつけた観光客が豆をお土産用に購入することも。

カウンター8席のみで、メニューもほぼ珈琲のみというラインアップです。

ブレンドコーヒー

Photo by カメイアコ

400円
おすすめの「ブレンドコーヒー」は、ホンジュラス産の深入り豆と中煎り豆に、ブラジル産の浅煎り豆をブレンドしています。最初にコーヒー豆のコクと苦味を感じ、軽い喉越しとともに、華やかな香りが抜けていきます。

注文が入ってから一杯ずつハンドドリップで丁寧に抽出。活気のある市場内ですが、ここだけ時間の流れが違っていて、穏やかなひと時を過ごせますよ。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS