ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

もっとカレーがおいしくなる音楽、まとめました

音楽があると、料理がもっと楽しくなる。流行りのJ-POP、昔から好きなROCK、最近気になる洋楽……好きな音楽を聴けば気分も上々。作った料理も、ちょっとおいしくなっていることでしょう。

さて「もっとカレーがおいしくなる、Kitchen Music」と題した本企画。カレー作りのおともにしたい音楽を、モデルやミュージシャンなど各界のカレー好きに紹介してもらいました。

たまには、新たな音楽とともにカレー作りを楽しんでみてはいかが?

できあがったプレイリストがこちら

自然と気分がアガる曲から、ちょっとディープな曲まで、個性豊かな楽曲たちが勢ぞろい。プレイリストは上から、爽やか〜ディープというイメージで並べてみました。

プレイリストをおともにカレー作りに励んでもよし、気になるアーティストを掘り下げてもよし。音楽の力で、料理をもっと楽しく。

おすすめ曲を教えてくれた、カレー好き6人

1.【モデル】村田 倫子

Photo by 村田 倫子

モデルとして、さまざまなメディアへの出演や商品プロデュースなど幅広く活動。カレー・お酒好きとしても知られ、連載・コラムの執筆も積極的におこなっている。自身がブランドディレクターを務めるアパレルブランド「idem(イデム)」を、2020年に立ち上げた。また、メガネブランド「Zoff」とのコラボ商品「Zoff CLASSIC ROMANTIC LADY」が、全国Zoff店舗にて発売中!

おすすめ曲

Photo by Spotify

左から「歌う女」「By Myself Again」
・歌う女(さとうもか)
耳元で優しく囁かれているような柔らかな声、それでいて大胆でポップな曲調がたまりません。エモーショナルなビートからゆったりはじまり、「It's show time!」の掛け声を合図に、ミュージカルのようにくるくると変わる展開は、カレー作りのパッションそのもの。

踊りながら、ステップをふみながら、機嫌よく作ったカレーは、普段よりなんだかイケてるかも。
・By Myself Again(GLIM SPANKY)
起きがけに窓を開けて、爽やかな朝の空気を吸い込みながら、この曲をかけて、朝にカレーを作る。カントリー調で優しくも冒険的なメロディーは、身も心もほぐれて溶けて心地よい。

億劫な朝も、この曲とスパイスの香りで不思議とご機嫌に。今日はなんだかよい日になりそうな、一日のはじまりに花を添える曲です。

カレーこぼれ話

Photo by 村田 倫子

好きなカレー店は、中目黒「VIBES CURRY(バイブスカレー)」。バイブスに合わせて、自由に肩の力を抜いて楽しむスパイスカレー。

素材の味、ピリリと爽快なスパイスの香り、オーナーの人柄、お店のハーモニーとビートに揺れて味わう体感型のひと皿です。

2.【ミュージシャン】曽我部 恵一

Photo by 曽我部 恵一

90年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト/ギタリストとして活躍。2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント/DIYを基軸とした活動を開始。以後、サニーデイ・サービス/ソロと並行し、プロデュース・楽曲提供・映画音楽・CM音楽・執筆・俳優、店の運営など、多彩かつ自由な表現活動をおこなっている。
自身がオーナーを務める下北沢「カレーの店・八月(はちがつ)」では、ありそうでないサラサラのスパイスカレーを提供。じっくり丁寧にとった最高のスープとたっぷりのスパイス。胃もたれしない、毎日でもいただける、無添加でやさしくおいしいカレーを目指す。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS