ライター : YURI

ソムリエ・チーズプロフェッショナル

資格:J.S.A.ソムリエ、C.P.A.認定チーズプロフェッショナル、食生活アドバイザー3級。『もっと楽しく、もっと気軽に、もっとおいしく!』をモットーに誰でもワインとチーズを気軽に楽…もっとみる

ソムリエナイフの特徴

ソムリエナイフとは、ワインのコルクを開けるときに使う折りたたみ式のナイフのことです。スクリューという金属部分をコルクに刺し、テコの原理でワインを開けられるものです。サイズが小さく、コンパクトに収納できるところがポイント。

ソムリエのようにスムーズに開けられるうようになるまでは、少し練習が必要ですが誰でも繰り返し抜栓すれば、スムーズに開けることができるようになります。かっこよくスマートにワインを開けたい方は、チャレンジしてみましょう。

ソムリエナイフのタイプ

シングルアクション

シングルアクションとは、1ヶ所のフックでワインを開けるソムリエナイフのこと。コルクを一度に最後まで刺さず、ひとひねりしてから、フックを上げ、再度スクリューを回しフックを上げ、コルクを完全に抜きます。

プロでも練習が必要な、やや使い方のむずかしいソムリエナイフ。すでに何度もソムリエナイフで、ワインを開けたことがある方におすすめですよ。

ダブルアクション

ダブルアクションとは、2ヶ所のフックでワインを開けるソムリエナイフのこと。コルクを最後まで刺し、瓶の口に近いフックでコルクを持ち上げ、その後もう一方のフックで上げコルクを完全に抜きます。

ダブルアクションの場合は、コルクを一気に刺す点と2ヶ所でコルクを持ち上げることができるため、失敗が少ないのが特徴です。

はじめてソムリエナイフを使う方は、まずダブルアクションから練習するのをおすすめします。

ソムリエナイフの選び方

ハンドルは握りやすいものを

ハンドルは、コルクを持ち上げる重要な部分です。薄すぎ・細すぎても安定しませんし、分厚く・太すぎるものも持ちにくくワインが開けにくい場合があります。自分の手に合わないと意味がないので、可能であれば実際に手にとって試してみましょう。女性の方は、分厚すぎず小ぶりなもののほうが使いやすいですよ。

スクリュー・ナイフは長いものを

高級ワインは、ワインが空気に触れる箇所を少なくし、じっくり熟成させるため、コルクが長い場合があります。高級ワインを飲むことがある方は、コルクに合わせてスクリューは長いほうがいいでしょう。

また、キャップシールを切るためのナイフは、切れ味と長さが重要です。短すぎると何度もキャップシールを切ることになり、スマートにワインを開けることができません。購入するときは、長さと切れ味を確認しましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS