ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

やかんの材質はなにがいい?

丈夫で錆びにくいため人気!ステンレス製

ステンレスとは、クロムを含んだ鉄の合金鋼のこと。錆びに強いことで知られている、やかんではもっともポピュラーな材質です。丈夫で耐久性が高く光沢もあるため、キッチンウェアでは特に人気の素材。

アルミよりも熱伝導率が劣りますが、熱効率を高めた多層構造のものもあります。ほどよい保温性を持っていて、使いやすいのが特徴です。

カラフルで抜群の保温性を持つ!ホーロー製

ホーローは鉄やアルミ板などの表面に、ガラス質のコーティングをした材質で、保温性の高さが一番の持ち味です。かわいいデザインやカラーのやかんが多く、キッチンに映えるおしゃれグッズとしても評判。

衝撃でコーティングが欠けたところが錆びたり、空焚きや急激な温度変化に弱いため、取り扱いには気をつけてください。

熱伝導率抜群でお湯がすばやく沸く!銅製

銅で作られたやかんは非常に熱伝導率が高いため、短時間でお湯を沸かすのに向いています。お茶やコーヒーをよく飲むなど、日に何度もお湯を沸かす家庭に最適。

ただし底部をステンレス加工した一部の製品以外、すべて銅製のやかんはIHに対応していません。また素材がやわらかいため、衝撃でへこみやすいのも難点です。

やかんを選ぶおすすめのチェックポイント

やかんの容量は家庭の人数にあわせて選ぶ

やかんの容量は2L前後のものが多いですが、家族の人数や用途によって選ぶのがベストです。コーヒーを淹れるために少しだけ沸かす、麦茶をまとめて作るなど、用途によって必要なサイズが変わります。

またやかんの満水容量と、ふきこぼれない適正容量は異なります。満水の7割ほどを適正容量の目安としてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ