ライター : つゆくぼみえ

料理探求人&フードライター

愛知県出身&在住。三河と尾張地方を縦横無尽に動き回り、美味しいものを求めて食べ、自宅で再現し、書き記すことがライフワーク。お酒全般にも目がありません。

名古屋・栄の新名所「レイヤード ヒサヤオオドオリパーク」とは?

Photo by mie_tsuyukubo

2020年9月18日、名古屋の中心部・栄を南北に縦断する久屋大通公園に、「RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤード ヒサヤオオドオリパーク)」 がオープンしました。4つのゾーンに分かれたエリアには、グルメやファッション、スポーツ関係のショップなど、約35店舗が軒を連ねています。

緑と水に彩られた公園と街並みが融合する空間は、まさに街中のオアシス。食べる・飲む・遊ぶ・学ぶが集結した、新しい都市型公園の魅力をお届けします。

【ゾーン1】広々とした芝生広場でピクニックや読書を

北側に位置するゾーン1のテーマは「大型芝生広場のある学びの森ゾーン」。「シバフヒロバ」と「ケヤキヒロバ」が中央に広がり、朝ヨガや読書など、思い思いの過ごし方ができるのが特徴です。ゴロンとお昼寝したり、小さなお子様を遊ばせるのにも最適な空間ですよ。

1. 読書を愛する人におすすめ「天狼院(てんろういん)書店」

Photo by mie_tsuyukubo

「天狼院(てんろういん)書店」は「READING LIFE」をテーマにしたブックカフェ。クリエイティブな作業ができる空間を通じ、本の著者を招いてのビジネスセミナーや読書会、プロのカメラマンを招く撮影会など、体験型のイベントを多数開催される予定です。

広々としたカフェスペースでは、ランチやアルコールを提供するほか、テイクアウトメニューも充実。「シバフヒロバ」で青空ランチをしても素敵です。
店舗情報

2. クリエイター心をくすぐる「ファブカフェナゴヤ」

Photo by mie_tsuyukubo

シバフヒロバを望む「FabCafe Nagoya(ファブカフェナゴヤ)」。店内にはUVプリンターやレーザーカッターなどのデジタルマシンが設置してあり、「つくりたい」という想いを形にできるスペースです。

自家製レモネード

Photo by mie_tsuyukubo

583円(税込)
カフェスペースでは、一杯ずつ丁寧に淹れるドリップコーヒーや自家製レモネードなど、こだわりのドリンクが楽しめます。また、「ロコモコ」や「ガパオライス」など手軽に食べられるフードメニューも充実。全メニューがテイクアウト可能なので、外でのピクニックにも最適です。
店舗情報

【ゾーン2】お散歩やひと休みできるリゾートエリア

「小径のそぞろ歩きを楽しむアーバンリゾートゾーン」がテーマのゾーン2。四季折々の演出が展開される小径に沿って、カフェやレストランが点在します。高低差のある小径にはところどころベンチが設けてあり、小休止をかねて自然の移ろいを確認するのにぴったりなポイントです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS