ライター : ちゅん

愛知県在住のイラストレーター。1児の母でもあります。悪阻でごはんが食べられなかった経験から食への興味が爆上がりし、食べ歩きが趣味に。家族3人で美味しいものやカフェを目当てに…もっとみる

名古屋・覚王山(かくおうざん)ってどんな街?

Photo by ちゅん

名古屋市覚王山(かくおうざん)は、名古屋の「住みたい街ランキング」上位によく挙がるエリア!名古屋や栄といった中心街に地下鉄一本でアクセスができ、利便性も高いんです。

高級住宅街として知られ、昔ながらのお店と、新しいお店が共存するおもしろい街。南側には学校や住宅街、北側には日泰寺があり、参道沿いは個性的なお店が並びます。クリエイターが多く集まる街でもあり、オシャレな作品に出会えることも。

休日のお出かけ先としておすすめですよ!

1. シフォンケーキとプリン「ココノン」

Photo by ちゅん

覚王山参道沿いにある真っ白い外観が特徴の「QOQONON(ココノン)」。かわいい小瓶に入ったプリン、シンプルなシフォンケーキ、クリームやフルーツをサンドしたシフォンケーキなど、テンションの上がるかわいさです。

「心のこもった上質なスイーツ」にこだわりを持ち、シンプルなおいしさを追求した逸品は、手土産にもピッタリ。駅からのアクセスも抜群ですよ。

覚王山プリン

Photo by ちゅん

362円(税抜)
「覚王山プリン」は、観光土産として買いたいひと品。親しみやすいカラメルプリンで、上品ななめらかさが楽しめます。硬めが好きな方には、「レトロプリン」がおすすめ。味のバリエーションが豊かで、季節限定品もありますよ。

「シフォンケーキ」は、シルクのようなしっとり感が魅力。ふわふわ食感をぜひ堪能してほしいです。
店舗情報

2. 絶品タルトに舌鼓「フィーカ」

Photo by ちゅん

タルト好きな筆者がよく訪れるのが「fika.(フィーカ)」。覚王山のメイン通りから少し奥まったところにあり、小さなカフェ風の建物に多くのお客さんが並んでいます。

店内すぐにショーケースがあり、ずらりと並ぶタルトの数々がお出迎え。もしお目当てがあるなら、予約がおすすめです。

リコッタチーズとルバーブのタルト

Photo by ちゅん

580円(税込)※写真中央 その他写真手前:マンゴーのタルト、手前から3つめ:レアチーズのタルト、最奥:イチゴとピスタチオのタルト
ピスタチオクリーム・ネーブル・マンゴーのタルトなど、たくさんあるなかで、特におすすめなのが「リコッタチーズとルバーブのタルト」です。あまり日本で馴染みのない野菜・ルバーブの酸味がチーズの味わいも相まって本当に絶品。ぜひ食べて欲しい逸品です。
店舗情報

3. さまざまなコルネが楽しめる「コルネルコ」

Photo by ちゅん

交差点の一角にある「コルネルコ」は、珍しいコルネ専門店です。駅から少し歩きますが、散歩がてらにぜひ訪れて欲しいお店。表に面した窓屋根が開いていることが、オープンの印です。

店内は奥に細長く、数人用のイートインスペースがあります。甘いコルネから総菜コルネまで、季節ごとにメニューが一部入れ替り、訪れるお客さんを飽きさせません。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS