天然素材(木製・竹製)

木や竹などの包丁スタンドは、ナチュラルな質感で人気があります。素材自体がやわらかいため、包丁の刃を傷つけることが少ないのが一番のメリットです。木では耐湿・抗菌・耐久性に優れたヒノキ材がおすすめ。伸縮性が小さくて歪みにくく、抗菌・耐湿性が高い竹製の商品もおすすめです。

金属製(ステンレス・マグネット式)

包丁スタンドでは金属も定番の素材で、縦置きから横置き、壁掛けまでいろいろなタイプがそろっています。水を使用するシンクまわりで利用するため、大半の製品がステンレスです。メタリックでデザイン性の高い縦型や、水切れのいい横型、マグネット式の壁掛け型などがあります。

そのほかに注意しておきたいポイント

包丁のサイズに合った収納スタンドを選ぶ

どんなスタンドでも、長さや厚み、幅の違う包丁すべてに合うわけではありません。持っている包丁のサイズを測って、収納範囲内のサイズを選ぶことが大切です。

収納性に重点を置くかデザイン性で選ぶか

収納をまとめて便利にしておきたいなら、包丁以外の調理器具も一緒に収納できる製品がおすすめ。見栄えを重視して包丁だけを収納するなら、おしゃれなものを選びましょう。

清潔さを保てる衛生的なスタンドを選ぶ

包丁が衛生的に保てるかどうかも大切なポイントです。乾きやすい素材か、風通しがいい構造か、掃除しやすいかなどの機能性にも着目しておきましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ