たんぱく質

たんぱく質は皮膚の材料となる栄養素です。不足すると皮膚の状態が悪化し、乾燥肌をはじめとする肌トラブルにつながるおそれが。

たんぱく質が豊富な食品は豚肉や鶏ささみ、レバーといった肉類のほか、魚介類や卵、乳製品など。さまざまな食品から摂取できます。野菜や果物などビタミンCが豊富な食品と合わせて摂ると、コラーゲンの合成がスムーズになりますよ。(※1)

macaroni料理家が選んだ!乾燥肌を対策するレシピ8選

1. ひらひらにんじんと豚肉の生姜焼き

Photo by macaroni

たんぱく質が豊富な豚肉と、ビタミンAが多く含まれるにんじんを使うひと品。

にんじんは皮付きのままピーラーで削り、ごはんが進むように甘辛く仕上げましょう。濃いめの味付けなので、弁当のおかずにもぴったり。ピーラーで薄くスライスすることで、火の通りが早くなりますよ。(※1)

2. 肉巻きチーズアボカド

Photo by macaroni

たんぱく質が摂れる豚肉と、ビタミンEが豊富に含まれているアボカドを組み合わせるレシピです。

味付けは焼肉のたれだけ。とてもシンプルで簡単に調理できますよ。クリームチーズを詰めるので、加熱するととろけてこってりクリーミーな味わいに。おかずやおつまみにもぴったりです。(※1)

3. 豚バラ水菜の重ね蒸し

Photo by macaroni

豚肉に含まれるたんぱく質と、水菜に含まれるビタミンCがたっぷり食べられるおかずです。たんぱく質とビタミンCは、一緒に摂ることでコラーゲンの合成をスムーズにしますよ。

豚バラと水菜を重ねて食べ応えをアップし、オイスターソースを使ってコクを出すのがポイント。豚肉の旨みをたっぷり吸い込んだ水菜は、お箸が止まりません♪ (※1)

4. 豚こまピーマンの肉詰め

Photo by macaroni

豚肉に含まれるたんぱく質、ピーマンに豊富なビタミンCがおいしく手軽に摂取できるひと品。

肉を詰めるときは、ひき肉ではなく豚こま肉を使うと簡単に作れて、時短も叶います。チーズを入れることで濃厚さが増し、箸が止まらないおかずに仕上がります。(※1)

5. ニラ豚冷奴

Photo by macaroni

β-カロテンが多く含まれているニラを使うレシピ。β-カロテンは、必要量に応じてビタミンAに変換されますよ。抗酸化作用があるのが特徴です。

炒めた豚こま肉とニラを豆腐にのせるだけの簡単調理なのに、食べ応えばつぐん!オイスターソースとスイートチリソースを使うことで、コクうまに仕上がります。(※5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS