ビタミンCを効率よく摂り入れるレシピ5選

1. 食卓をカラフルに彩る。パプリカのハニーレモンマリネ

Photo by macaroni

野菜類のなかでもビタミンC量がトップクラスのパプリカを使うレシピ。焼くことで甘みが増すパプリカを、はちみつ入りのマリネ液に漬け込むので、子供でも食べやすい副菜です。たくさん作って保存しておけば、こまめに補給したいビタミンCを手軽に摂ることができますよ。(※10)

2. 濃厚でクリーミー!ブロッコリーのホワイトソース和え

Photo by macaroni

ブロッコリーをゆで、手作りのホワイトソースで和えるひと品。短時間でできるので、もうひと品ほしいときにも手軽に作れます。水に溶けやすいビタミンCを効率的に摂取するため、ブロッコリーは電子レンジや蒸し器で加熱するのがおすすめ。(※14)

3. 食感が楽しい!ブロッコリーとカリフラワーの焼きびたし

Photo by macaroni

ブロッコリーとカリフラワーを蒸し焼きにし、ピリ辛の出汁をかけるおひたしです。蒸し焼きにするため、ブロッコリーのビタミンCを損なわずに摂取できますよ。常備菜として冷蔵庫にストックしておくと、お弁当やおつまみに使えて便利です。(※14)

4. 野菜たっぷり!鮮やかラタトゥイユ

ビタミンCが豊富な野菜をふんだんに使用するレシピ。煮込み料理は水溶性であるビタミンCの損失が心配ですが、煮汁ごと食べるラタトゥイユなら安心ですね。野菜ジュースとバルサミコ酢で、コク深いひと品に仕上がります。(※11)

5. キウイローズで華やかに!さわやかパンナコッタ

Photo by macaroni

難易度が高そうにみえますが、実は切るだけ、混ぜるだけ!キウイの緑色と、パンナコッタの白色がパッと目を引くスイーツです。トッピングのキウイは華やかさを演出するだけでなく、ビタミンCを補給するのにも役立ちます。パンナコッタは生クリームの代わりにヨーグルトを使用することで、さっぱりとした味わいになりますよ。

ビタミンCを摂り入れて毎日を健康的に過ごそう

人間の体内ではほとんど作ることができないビタミンCは、水溶性で、加熱に弱いという特徴があります。しかし、ビタミンC量が多い食材を積極的に選んだり、調理方法を工夫したりすることで、栄養を効率的に摂り入れることができます。健康的な毎日を過ごすために、ビタミンCを意識しながら食事をしてみてはいかがでしょうか。
【参考文献】
(2020/08/31参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ