ライター : 嶋田コータロー

お土産マイスター

兵庫県在住のお土産マイスター(観光特産士マイスター保有)。子供のころから甘党で初恋の相手はおはぎ。各地の銘菓やご当地モノに目がなく、これまで500以上のお土産菓子を食べてきま…もっとみる

郷土色豊かな岐阜県のお土産

Photo by 嶋田コータロー

世界遺産・白川郷や温泉街のある場所として知られる岐阜県には、郷土色豊かなお土産がたくさんあります。

「岐阜の定番土産って何かな?」
「観光中に何を買ったらいいかな?」
「お取り寄せできる岐阜土産を知りたい!」

そう思ったら、ぜひ記事をチェックしてみてください。人気のお土産や歴史のある銘菓についてご紹介していますよ。

1. 岐阜土産といえばこれ!「栗きんとん」

Photo by 恵那川上屋

15個入り3,450円(税込) ※販売期間:8月下旬から1月上旬まで
岐阜県東濃地方の郷土菓子といえば「栗きんとん」。複数のお店で作られていますが、ご紹介するのは、恵那市に本店のある「恵那川上屋(えなかわかみや)」のものです。

厳選した栗を裏ごしし、少しの砂糖を加えて炊き上げています。栗好きの友人へ贈れば、喜ばれること間違いないでしょう。

6個から50個入りまでと、入り数のバリエーションも豊富なので、用途に合わせて利用できますよ。

Photo by 恵那川上屋

職人さんによる手絞りで仕上げられているので、ひとつひとつ形が微妙に違います。手作り感のある見た目も魅力的ですね。

ひと口食べると、栗のやさしい甘味が広がり、ほっこりした気持ちになります。絶妙な炊き具合を感じる、ほくっとしたやわらかさがなんともいえません♪ 秋の時期に恵那市を訪れる機会があれば、絶対に食べてほしい逸品です。

賞味期限

3日

購入できる場所

恵那川上屋の店舗、岐阜高島屋、中央自動車道 恵那峡サービスエリア(下り線)などで購入できます。

2. 東濃地方に伝わる郷土菓子「からすみ」

Photo by 嶋田コータロー

黒砂糖1本410円、くるみ1本440円、栗1本440円(各税込)
「栗きんとん」と並んで、岐阜県東濃地方の名物に「からすみ」があります。米粉を練って蒸し上げたもので、郷土菓子といえるひと品。複数のお店が作っていますが、写真は「信玄堂」のものです。

富士山にあやかった山の形には、子どもの健康や成長を願う親の想いが込められています。その地に伝わる、伝統的なお菓子をお土産にしたい人にオススメです。

Photo by 嶋田コータロー

からすみは棒状になっているので、好きなサイズに切り分けて食べましょう。特徴は、くせになるもっちりした食感です。餅粉で作るお菓子のもちもち感との違いを、楽しんでもらいたいですね。

食べたのは、黒砂糖・くるみ・栗の3種類で、筆者オススメは、味わいにコクのある黒砂糖です。ほかに、白(プレーン)と抹茶の、合計5種類から選べますよ。

賞味期限

7日(出荷日含む)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS