ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコで買える、本格フォカッチャ

Photo by akiharahetta

フォカッチャといえば、平たい形をしたイタリアのパン。甘みのない食事パンで、現地ではハムやチーズを挟んでサンドイッチにすることも多いそうです。ピザの原型ともいわれいて、イタリアのプーリア地方やリグリア地方のものが特に有名だそうですよ。

最近では、パン屋さんでもよく見かけるようになりましたよね。イタリアンレストランでは、食事と一緒にサーブされることも多いパンです。

そんなフォカッチャがコストコにあると聞き、さっそく購入してきました♪

コストコの「バラエティーフォカッチャ」

Photo by akiharahetta

「バラエティーフォカッチャ」899円(税込)
コストコで購入できるのは「バラエティーフォカッチャ」という商品。3種類のフォカッチャのミックスで、それぞれのフレーバーが3個ずつ、計9個入っています。

過去には違うフレーバーが販売されていたようですよ。つまり期間限定の味なんですね。

3種類のフレーバー。その内容は?

Photo by akiharahetta

2020年8月現在販売されているのは、この3種パックです。それぞれのフレーバーの名前は、白いプレーンのものがメディタレーニアン。舌を噛んでしまいそうな名前ですね。このほか、緑色のものがイタリアンで、オレンジ色のものがプロバンスです。

イタリアンにはチャイブとオレガノが練り込んであり、ハーブが香ります。また、プロバンスのオレンジ色は、パプリカとトマトの色あいなんだとか。どちらもよい香りで、高級感がありますよ。

大きさや重さは?

Photo by akiharahetta

メジャーを使ってサイズを測定してみました。大きさには多少の差がありますが、約10cm×10cmで厚みは2~3cmほどと、結構な大きさです。

また、重さもしっかりあります。空気をたくさん含んだフワフワとした生地ではなく、密度が高い生地だからでしょう。本国イタリアでは、膨らまないように生地に穴を空けながら焼くそうなので、コストコのフォカッチャは本場に近い仕上がりといえそうですよ。

Photo by akiharahetta

スライスチーズをのせるとこんな感じ。よりサイズ感が伝わるのではないでしょうか。正方形なのでアレンジしやすく、横にスライスするとさらに扱いやすくなります。しっかりした生地なので、ナイフで切るのもラクラクです。

コストパフォーマンスは?

Photo by akiharahetta

一個あたりの価格は約99.9円です。なんと100円しないんですね。ほかのフォカッチャと比べてみたいところですが、大きさや厚みがまちまちなため、比較するのはむずかしいようです。ただ、似たような商品を見る限り、100円を切るものは見当たりませんでしたよ。

カロリーは?

Photo by akiharahetta

カロリーは100gあたり320kcal。参考までに、フォカッチャ裏面も確認してみたところ、とってもきれいなきつね色に焼けていました。いかにもおいしそうな色をしていますよね。形や穴が不ぞろいで、手作り感が残っているところが魅力的です。
Photos:16枚
黒い皿にのせたコストコのフォカッチャ
コストコのフォカッチャのパッケージ
白い大皿にのった3色のフォカッチャ
メジャーでフォカッチャの大きさを測っている様子
トマト入りのフォカッチャにスライスチーズをのせたところ
フォカッチャを手で持っているところ
こんがりきつね色のフォカッチャ裏面の焼き色
耐油紙でパンを包んでいる様子
フォカッチャにオリーブオイルをたらしているところ
黒い皿にのったフォカッチャ
グリーンの皿にのった四角いフォカッチャのピザをカットするところ
さまざまな食材で作ったオープンサンドが皿に置かれている
白い皿にのったカラフルなサンドイッチ
ラップに包んだフォカッチャ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS