基本の温め方と食べ方

おすすめの温め方

Photo by akiharahetta

コストコのフォカッチャは水分を加えながら、トースターかオーブンでリベイクするのがおすすめ。耐油紙かオーブンシートを一度くしゃくしゃと丸めて濡らし、広げてからフォカッチャを包んでトースターで焼きましょう。加湿機能のトースターがあればそれでもOKです。

パサつきを防ぎつつ、しっとりとしたフォカッチャ特有の食感を堪能できます。

基本の食べ方は、エクストラオリーブオイルをかけて

Photo by akiharahetta

フォカッチャは基本的にオリーブオイルを浸しながら食べます。このとき使うのは、生食できるEX(エクストラ)オリーブオイルがおすすめ。オリーブオイルの表記でよく見かける、EXとはエクストラのことです。

食べてみるとよくわかるのですが、フォカッチャは本当にオリーブオイルと相性がいいんですね。フォカッチャとEXオリーブオイルは切っても切れない関係です。どちらもイタリアを代表する食べ物ですからね。

気になる味は?

Photo by akiharahetta

パリっとした生地の外側に対し、中はしっとりしています。生地は目が詰まっていて、みっちり感あり!噛めば噛むほど小麦の旨みが広がるフォカッチャです。

プレーンなメディタレーニアンはパスタ・肉料理・魚料理、どんな食事にも合うと思いますよ。お皿に残ったソースを拭うのにも持ってこいでしょう。

緑色のイタリアンとオレンジ色のプロバンスは、それぞれのフレーバーがしっかりしていて、例えるならソースを絡めたパスタのような感じです。単品で軽食としても楽しめる味わいですよ。

おすすめのアレンジレシピ

好きな具をのせて「フォカッチャのミニピザ」

Photo by akiharahetta

ピザの原型といわれているフォカッチャ。ならばまずはピザを試してみようということで、実際に作ってみました。土台はオレンジ色のプロバンス。生地にトマトフレークやバジル、タイムが練り込まれているので、トマトソースは必要ありませんよ。

のせるだけ!「カラフルオープンサンド」

Photo by akiharahetta

スライスしたフォカッチャに具材を並べるだけで完成するオープンサンドは、テクニックなしで作れて簡単に食卓が華やぐ、便利なアレンジです。フォカッチャそのものに色が付いているので、想像以上に華やかな見た目ですよ。

お弁当にもぴったり「フォカッチャサンド」

Photo by akiharahetta

フォカッチャをスライスし、具材を並べたら、上下違う色のフォカッチャでサンドします。半分に切ると断面はご覧の通り!とてもかわいいサンドイッチができあがりました。ちなみに、このサンドイッチはオープンサンドをさらにアレンジしたものです。少しの工夫で、違う料理に変身しちゃいますよ。
Photos:16枚
黒い皿にのせたコストコのフォカッチャ
コストコのフォカッチャのパッケージ
白い大皿にのった3色のフォカッチャ
メジャーでフォカッチャの大きさを測っている様子
トマト入りのフォカッチャにスライスチーズをのせたところ
フォカッチャを手で持っているところ
こんがりきつね色のフォカッチャ裏面の焼き色
耐油紙でパンを包んでいる様子
フォカッチャにオリーブオイルをたらしているところ
黒い皿にのったフォカッチャ
グリーンの皿にのった四角いフォカッチャのピザをカットするところ
さまざまな食材で作ったオープンサンドが皿に置かれている
白い皿にのったカラフルなサンドイッチ
ラップに包んだフォカッチャ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS