ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコで買える、名古屋のご当地グルメ

Photo by akiharahetta

コストコのデリカコーナーは、ラインアップがとても充実しています。とくにピザやパスタの主食系は人気があり、買い物客のカートに入っている確率も高いようです。

コストコはアメリカ生まれだけあって、海外のメニューが多いのですが、珍しく日本のご当地グルメが登場したと話題になっているようなんですよ。

コストコの「台湾風まぜそばキット」

Photo by akiharahetta

「台湾風まぜそばキット」998円(税込)
コストコの「台湾風まぜそばキット」には、極太麺にひき肉と白髪ねぎ、小口切りの青ねぎがトッピングされています。内容量は1,000gを超えていて、ゆうに3~4人前はありそう。それでいて価格は998円(税込)と抑えめです。

半熟たまごとタレが付属

Photo by akiharahetta

「台湾風まぜそばキット」には、半熟たまご2個と器入りのタレが付属しています。タレは見たところラー油に似ていて、いかにも辛そうです。

麺にはすでに下味が付いているので、このタレと半熟たまごで仕上げます。薄味から濃味まで調節できるので、好みに合わせられるのがうれしいですね。

コストパフォーマンスは?

Photo by akiharahetta

付属品を取り出し、麺だけで重さを計ってみました。容器の重さを差し引いても950gあります。一般的にまぜそば1人前の重さは180~250gが目安。ざっと計算すると「台湾風まぜそばキット」は4人前にあたるので、1人前の価格は250円弱になりますね。

Photo by akiharahetta

外食すれば1,000円×4人前=4,000円程度になるでしょうから、かなりお買い得です。ただし、付属のたまごは2個なので、足りない分は自分で用意する必要がありますね。

電子レンジで簡単!おいしく仕上がる作り方

Photo by akiharahetta

食べ方はとても簡単で、500Wの電子レンジで10分温めるだけ。とはいえ、中華麺を電子レンジで加熱するには多少不安があります。「麺のコシは大丈夫?」「フカフカになるのでは?」と思ってしまいますよね。本当に大丈夫なのか試してみましょう。

小分けがおすすめ

Photo by akiharahetta

商品は買ってきたままの容器で温められます。ただ量が多いので、ご家庭によってはお皿に移して加熱することになると思います。

試しに容器のまま800Wの電子レンジで加熱してみたら、変形してしまいました。もしも容器ごと温める場合は、記載通りワット数は500Wを守ってくださいね。
Photos:16枚
コストコの台湾風まぜそばがテーブルに置かれている様子
黒い器入りのコストコの台湾風まぜそばキット
温泉たまごと小さなケースに入ったラー油
スケールで麺の重さを計っているところ
コストコの台湾風まぜそばのアップ
トングで中華麺を持ち上げているところ
まぜそばを皿に取り分けているところ
まぜ麺にラップをかけて電子レンジに入れているところ
中華麺にタレをかけているところ
台湾風まぜそばに温泉たまごをのせているところ
台湾風まぜそばの温泉たまごに箸を入れているところ
台湾風まぜそばを箸で持ち上げている様子
グレーのテーブルに置かれたトマト入りのまぜそば
パクチーやゆでたまごをトッピングした麺
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS