購入できる場所

松山空港 2 F「いよてつショップ」「ANA FESTA」「BLUE SKY」

9. 名作にちなんだお菓子「坊ちゃん団子」

1954年に創業した愛媛県松山市の和洋菓子店「うつぼ屋」。「坊ちゃん列車サブレ」やカステラ生地の「坂の上の雲」といった、松山が舞台の名作をモチーフにしたお菓子がそろいます。

看板商品の「坊ちゃん団子」もそのひとつ。松山の歴史や文化と結びついた和菓子は、旅のお土産に喜ばれること間違いなしです。
1本108円(税込)~
夏目漱石が食べたといわれる「坊ちゃん団子」の特徴は、抹茶の緑色・白餡の黄色・小豆の茶色という3色の餡でお餅を包んでいることです。

黄色の餡に卵を使うメーカーがありますが、うつぼ屋は使用していないため、餡の味をより楽しめるのがポイント。アレルギーが心配という人にもうれしいですね。

賞味期限

22日間

購入できる場所

松山空港 2 F「いよてつショップ」「BLUE SKY」

10. 愛らしい和菓子「道後夢菓子噺」

「一六タルト」を看板商品に持つ「一六本舗」。道後温泉本館前には、インスタ映えするドリンクやスイーツが楽しめるカフェ「一六茶寮」を構えるなど、SNSで話題を集めています。

昔ながらの愛媛のお土産菓子はもちろん、若い人がつい手に取ってしまうかわいいパッケージのお菓子が充実。幅広い世代に愛される菓子メーカーです。
1個 各108円(税込)
「道後夢菓子噺(どうごむかしばなし)」は、かわいらしいパッケージが目を引くひと品。道後温泉にまつわる「白鷲(シロサギ)伝説」と、「椿と聖徳太子伝説」の歴史にちなみ、「白鷲」「椿」を表現した桃山菓子です。

しっとりしたおまんじゅうは喜ばれること間違いなしの絶品で、女性へのお土産におすすめの愛らしいお菓子です。

賞味期限

約14日間
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS