ライター : 戸田千文

愛媛県出身のフリー編集ライター。転勤族の夫・愛犬2匹とともに広島・東京・福岡と西へ東へ移動を繰り返しながら、各地でグルメ情報誌や観光ガイドブックなどの制作をお手伝いしていま…もっとみる

愛媛の玄関口「松山空港」でおすすめのお土産

道後温泉をはじめ、今治市のしまなみ海道や宇和島市の宇和島城などがある愛媛県。観光で訪れる際、空の玄関口となるのが「松山空港」です。

国内線はもちろん、中国や韓国、台湾への国際線も就航し、国内外を問わず多くの方が利用する空港で、県内各地のお土産品も充実しています。そのため、旅行中は思い切り旅先で楽しみ、お土産は飛行機に乗る前にまとめて空港で、というのが愛媛旅行の賢いスケジュール。そこでこの記事では、愛媛県出身ライターが、松山空港で購入できるおすすめ土産をご紹介します。

1. 長年愛されるやさしい味「ベビー母恵夢」

株式会社母恵夢(ぽえむ)は、愛媛県東温市に本社がある菓子メーカーです。1956年に有限会社今治権太松山店として創業以来、県内ではご年配の方から子どもたちまで、幅広い世代に愛されています。

2019年には、「しらさぎ舎」を松山市大街道にオープン。店内工房で作り立てのフルーツ大福が楽しめる店として評判です。

6個487円(税込)~

母恵夢の主力商品が、社名と同じ名前が付いた「母恵夢」です。1965年に誕生した焼き菓子で、バターと卵黄を使った芳醇な味の餡をしっとりした生地で包んでいます。おすすめは、通常サイズより小ぶりの「ベビー母恵夢」。

松山空港では、温州みかんを使った「愛媛のみかん」のほか、季節に応じて「あまおう苺」「冬のショコラ」といった限定味が登場します。

賞味期限

45日間

購入できる場所

松山空港 2 F「いよてつショップ」「ANA FESTA」「BLUE SKY」

2. 老舗の秘伝菓子「ひとくち生志ぐれ」

1875年の創業以来、愛媛県大洲市で「志ぐれ」を作り続けてきたのが、「冨永松栄堂」です。大須藩江戸屋敷内の秘伝菓子として誕生した「志ぐれ」を、同店初代の八太郎氏が広げ、今や大洲名物として愛されています。

本店は大洲市にありますが、松山空港でもこの大洲文化を代表するお菓子が購入できますよ。
3種8個入り1,393円(税込)
志ぐれは、煮た小豆や米粉、もち米を合わせて、セイロで蒸した羊羹のような見た目のお菓子です。冨永松栄堂の「ひとくち生志ぐれ」は、表面のサクッとした食感、中のもちっと感に加えて、甘さ控えめで上品な味わいが特徴。

愛媛県の栗をのせた「栗志ぐれ」や抹茶をのせて蒸しあげた「抹茶志ぐれ」など、バリエーションも豊富ですよ。

賞味期限

14日間
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS