しっかりと炒めるのがコツ!

Photo by muccinpurin

解凍したプラントベース・ミンチをみじん切りの玉ねぎやにんにくとともに炒めていきます。見た感じは牛ひき肉とまったく変わりませんが、プラントベース・ミンチのほうが弾力が強く、ほぐれにくさを感じますね。

ヘラを使ってほぐしながら火を通していく必要がありそうです。

Photo by muccinpurin

色の変化で火の通りが確認できる牛ひき肉と違い、プラントベース・ミンチは火が通ったあとも色が変わりません。これはまだトマトピューレやスパイスを加える前ですが、生の肉のような鮮やかな色をしています。

もちろん、精肉ではないので生食への不安は少ないですが、しっかりと火を通したいところですよね。加熱の目安は見た目ではわかりにくいので、ある程度時間を決めて炒めたり、水っぽさがなくなったことで判断できそうです。

気になる味は…

Photo by muccinpurin

気になる味ですが、想像以上の肉肉しさ!しっかりとした噛み応えがあり、黙って食卓に出されたら何の疑いもなく「おいしいボロネーゼだな~」と思って完食してしまいそうです。

牛肉独特の匂いや旨みはありませんが、逆にそれが食べやすい気がします。旨みは、ブイヨンなどで補えば何の問題もなさそうです。えんどう豆の味はまったくと言っていいほど感じず、原材料にトマトやビーツを使っているので野菜の旨みをしっかり感じられます。

Photo by muccinpurin

牛ひき肉と比べて脂肪分がほとんどないので、コクが欲しければ仕上げにバターをひとかけ加えるとより風味が豊かに!

ボロネーゼのほかにハンバーグやミートボールにも応用できそうです。ジューシーさを出すために野菜を加え、パン粉などを繋ぎに加えることでふんわりやわらかなハンバーグになりますよ!肉全面推しがお好みなら塩こしょうのみでどうぞ♪

唯一気になるのは、100gあたり約230円というお値段。日常使いするにはややお高いかもしれませんが、ほかの肉と併用すればバランスが保てそうですね。

通販サイト、ナショナル麻布で販売中!

Photo by アリサン有限会社

プラントベースシリーズは、アリサン公式通販サイト及び、東京の広尾にあるインターナショナルスーパーマーケット「ナショナル麻布」で購入できます。

想像以上の満足感!

Photo by muccinpurin

植物由来と聞いていたので物足りなさは覚悟していましたが、意外と食べ応えがしっかりあっておいしくいただけました。えんどう豆の気になるクセもまったく感じなかったので、問題なく使うことができそうです。

宗教上の理由やアレルギーなどで牛肉が食べられない人も、安心して食べられるという点でもおすすめ!環境に配慮し、使い勝手のよさとおいしさを兼ね備えたプラントベース・ミート。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

ナチューリ「プラントベース・ミンチ」
■内容量:400g
■価格:910円(税抜)
■カロリー:100gあたり195kcal
■販売場所:ナショナル麻布
※店舗によって、取り扱っていない場合があります。
Photos:10枚
ナチューリを使って作ったボロネーゼとナチューリのパッケージ
ナチューリのプラントベース・ミンチのパッケージ
パッケージから出したナチューリのプラントベース・ミンチ
ナチューリのプラントベース・ミンチを使ったボロネーゼ
フライパンでプラントベース・ミートを炒める様子
ヘラにのせたプラントベース・ミンチ
フォークを添えたプラントベース・ミンチのボロネーゼ
スプーンにのせたプラントベース・ミンチのボロネーゼ
プラントベースシリーズを使った調理例
ナチューリを使って作ったボロネーゼとナチューリのパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ