ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

無印良品の新作はまさかの昆虫食!

Photo by akiyon

無印良品は2020年5月20日(水)より、「コオロギせんべい」の販売をネットストア限定で開始しました。将来における深刻な食糧問題を解決できるものとして、「コオロギ」に着目。徳島大学との連携により開発された、コオロギ粉末入りのおせんべいです。

“地球にやさしい未来食” として販売前から大変話題になり、販売開始後はすぐに品切れ状態に。商品のコンセプトやその味わいに関心を持つ人が、たくさんいるのではないでしょうか。

食べた人はなんて…?SNSでの評判

Photo by akiyon

本当にコオロギが使われているので、実際に食べるのはちょっと勇気が必要!そこでSNS上に寄せられた、食べた人の感想をチェックしてみることにしました。

「えびせんのようで食べやすい」「クセがなくておいしい」「コオロギの姿形がわからないので気にならなかった」などと、おおむね好評価。しかも「昆虫食への理解が深まりそう」といった、商品のコンセプトに関する感想もたくさん見られましたよ。

未来の食生活を助ける「コオロギせんべい」

Photo by akiyon

190円(税込)
「コオロギせんべい」は、食用のフタホシコオロギを使用したおせんべい。パウダー状にして生地に練りこみ、食べやすい味わいに仕上げた商品です。

「コオロギ」の文字がとても目を引くパッケージ入り。袋が透明なので、開ける前からおせんべいの全容がよく見えます。「この黒い粒々がコオロギなのね……!?」と、まじまじと見つめてしまいました……!

なぜコオロギなの?

Photo by akiyon

現在、世界的に問題視されている将来の課題が、急激な人口増加(2050年には100億人になると予想される)による食糧確保の問題。重要な栄養素である、たんぱく質を摂取するための家畜が足りなくなると予想され、その代替として昆虫食が注目されています。

なかでもコオロギは、「飼育に必要なえさや水の量が圧倒的に少なく、飼育が容易」「約35日で成虫になり、ほかの昆虫と比べて成長が早い」「雑食で残った食品でも育てられるため、食糧廃棄の問題にも貢献できる」などの理由で、次世代の食料産業において大変期待されているのです。

ちょっと勇気を出して実食!

Photo by akiyon

袋を開けたときの香りは、少しだけえびせんに似た感じ。直径4cmほどの丸型薄焼きせんべいです。コオロギの粉末はけっこう入っていて、よく見るとちょっと大きめの昆虫の破片のようなものもあるような気も……。

ほかの主な原材料は、国内製造の馬鈴薯でん粉や食塩、醤油など。「コオロギの味を活かすために余計な原料を使っていない」とのことで、無印良品らしいシンプルな配合で作られていますよ。

Photo by akiyon

かじってみると、パリっといい音がして芳ばしい!塩気がきいているので、緑茶やほうじ茶と合わせてみたくなります。あとを引く味わいなので、途中でコオロギだということを忘れてパリポリと食べ続けてしまいました。

“えびは海の昆虫、コオロギは陸のえび” とも言われているそうで、甲殻類っぽい風味がするのもうなずけます。コオロギが苦手そうな人には中身だけ器に盛れば、おいしく食べてもらえること間違いなし!その際には決してパッケージは見せないようにしましょう……。

話題は未来の食生活

Photo by akiyon

コオロギせんべいをお茶請けにして集まれば、会話もはずみそう!どんな味がするかだけでなく、なぜコオロギを食べるのかなどに注目すれば話題も広がることでしょう。

これを機会にぜひ昆虫食にトライして、未来の食生活を考えてみるのもいいですよね。
Photos:7枚
コオロギせんべいのパッケージと中身
指でつまんだせんべい、奥にアイスティーとパッケージ
コオロギせんべいのパッケージ
パッケージに描かれたコオロギのイラスト
パッケージから出たコオロギせんべい
指でつまんだコオロギせんべい
トレイに出したコオロギせんべいとパッケージ、アイスティー
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS