アルコールは適量を意識

家にいる時間が長くなると、飲酒量が増えることがありますが、カロリーの摂り過ぎにつながるため、適量を意識しましょう。

一日に摂ってよいアルコール量の目安は純アルコールで20gとなり、下記が相当する酒量になります。
・ウイスキーダブル 1杯(60ml)まで
・ビール 1杯(500ml)まで
・ワイングラス 2杯弱(200ml)まで
・日本酒 1合1杯(180ml)まで
・チューハイ 1缶(350ml)まで

また、アルコール依存を予防するために、アルコールの摂取をしない「休肝日」を週に2日は作ってくださいね。(※10,11)

油を使った料理を控える

コロッケや天ぷらなど、惣菜で人気の揚げ物。簡単に食事の準備ができて便利ですが、油の使用量が多いため、高カロリーです。揚げ物を毎日食べるのは控え、週に食べる回数を決めておきましょう。とくにダイエット中の場合は、週1回程度にとどめることをおすすめします。

調理油の使用量が少ない料理は、蒸し物や焼き物です。電子レンジやトースターなどを活用すれば、短時間で作れますよ。

意識したい痩せ習慣【運動編】

自宅待機中は運動不足に陥りやすいため、室内でできる運動に取り組んでみましょう。スクワットや腹筋運動などの自分の体重を使った筋肉トレーニングや、体幹トレーニングは、特別な器具がなくてもおこなえます。

また、ストレッチ、ヨガなどは気分転換につながりますよ。ストレス解消の一環として、こまめにおこなってくださいね。

生活習慣を見直してコロナ太りを防ごう!

自宅待機中は、どうしても運動不足になりがち。また、間食や食事の量が無意識に増え、カロリーの摂り過ぎにつながる場合もあります。

コロナ太りを防ぐためには、生活習慣の見直しが大切です。こまめに体重を計る、食べる量をコントロールする、室内で運動をする……など、自宅でできることに取り組んでみましょう。また、自宅待機でも、なるべく普段と同じリズムで行動し、規則正しい生活を心がけてくださいね。
▼自宅でできるGLP-1ダイエットもおすすめ!
【参考文献】
(2020/04/22参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ