10. 柚子香る餡を包んだ和製ロールケーキ「タルト」

タルトと聞くとフルーツがたっぷりの洋菓子を思い浮かべますが、愛媛県民にとっては和菓子。ふわふわ生地で餡を巻いた和製ロールケーキです。

愛媛でなじみ深いタルトのはじまりは江戸時代といわれています。当時の松山藩主が、長崎で出会ったポルトガル菓子からインスピレーションを得たのだとか。餡のなかには特産の柚子が練りこまれているので、食べるととっても上品な香りがふわりと広がります。

日本茶にも、珈琲、紅茶にも合う、愛媛土産の定番です。

私のおすすめのお店「一六茶寮」

タルトはお土産として購入する人が多いですが、観光の合間に楽しむのもおすすめです。道後温泉本館すぐの場所にあるカフェ「一六茶寮(いちろくさりょう)」では、人気の「一六タルト」が抹茶と一緒に味わえます。

最近では「一六タルトの天ぷら」がSNSで評判に。さくっと甘い、新感覚タルトをぜひ体験してみてください。
店舗情報

11. 地元の食材が詰まった「今治らーめん」

今回ご紹介する愛媛グルメのなかではまだ歴史が浅いものの、ぜひおすすめしたいのが「今治ラーメン」です。

鯛やアジなど瀬戸内の小魚から出汁をとり、地酒「正丹正宗」や伯方の塩を加えた澄んだスープは、あっさりながら奥ゆきある味。島レモンをきゅっと絞ると、さわやかな香りがプラスされ、あっいという間に完食してしまいます。

男性はもちろん、ぜひ女性に食べてもらいたい一杯です。

私のおすすめのお店「光屋」

愛媛にいながら本格久留米ラーメンが食べられることで人気のお店が「光屋(みつや)」です。こだわりのとんこつスープを使った久留米ラーメンはもちろんですが、こちらの今治ラーメンも絶品!

エソや鯛、イリコなど瀬戸内の幸を使った魚介スープは飲み干したくなるおいしさです。座敷席もあるので、家族で訪れてもゆっくりくつろげるのがうれしいポイント。
店舗情報

12. 港町ならではのお好み焼き「三津浜焼き」

松山の港町、三津浜で愛されるお好み焼きが「三津浜焼き(みつはまやき)」です。見た目は広島のお好み焼きと似ているのですが、焼き方や具材が異なります。

クレープ状の生地の上に具材をのせ、素焼きした麺をのせるのが広島のお好み焼き、一方で生地の上に味付けした麺を先にのせるのが三津浜焼きです。また具材にちくわ、隠し味に魚のけずり節が使われているなど、港町らしい特徴もあります。

私のおすすめのお店「日の出」

三津浜焼きを提供するお店は40軒前後ありますが、なかでも人気を誇るのが「日の出」です。

カウンターだけの小さなお店ですが、営業時間中は鉄板の上にいくつもの三津浜焼きが並び、行列ができることもしばしば。鉄板でカリッと焼き上げながらも、中はふっくらでボリュームたっぷりです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS