7. 熱々の揚げたてが最高!魚のうま味が詰まった「じゃこ天」

瀬戸内海の恵みである地魚を、すり身にして揚げた練り物が「じゃこ天」。特に南予エリアで多く作られています。

魚の骨や皮ごとすり潰して作られるため、カルシウムやミネラル分が多く含まれているんです。愛媛県民は、練り物店やスーパーで購入したじゃこ天を、おでんやうどんに入れて食べることもありますよ。

おすすめは、熱々の揚げたて。火傷に注意しながら頬張ると、魚の甘味が口いっぱいに広がります。

私のおすすめのお店「谷本蒲鉾店」

じゃこ天は、宇和島や八幡浜など南予エリアのほかにも、観光客が多く訪れる松山空港や松山駅、道の駅などで販売されています。1枚からリーズナブルに購入できるので、いろいろ食べ比べてみてくださいね。

道後観光の途中で立ち寄るなら「谷本蒲鉾店」がおすすめ。じゃこ天のほか、アレンジメニューの「じゃこカツ」も揚げたてが味わえます。
店舗情報

8. お店や家庭ごとに味が違うご当地唐揚げ「せんざんき」

「せんざんき」は、今治をはじめとした愛媛県東予エリアの郷土料理で鶏のから揚げを指します。味付けや使用する部位などにはっきりとした定義はなく、唐揚げと違いがあるわけではないようです。

味はお店や家庭で異なりますが、一般的には醤油や塩、ショウガ、ニンニクなどの下味が使われます。オリジナルの秘伝ダレや、骨付き肉を使うところも少なくありません。

私のおすすめのお店「やきとり 桃介」

せんざんきを今治で楽しむなら、焼き鳥店を訪れるのがおすすめです。ほとんどのお店がサイドメニューとしてせんざんきを扱っています。

せんさんぎは今治発祥の郷土料理ですが、松山エリアからのアクセスは大変。そんなときに訪れたいのが「やきとり 桃介(ももすけ)」です。せんざんきをはじめ、今治名物の焼き鳥などをリーズナブルに提供しています。

店舗情報

9. 正岡子規も愛した華やかな郷土料理「松山鮨」

松山鮨は、その名の通り松山の郷土料理。小魚でとった出汁と甘めの酢で作った酢飯のうえに、アナゴや鯛など瀬戸内の海鮮が盛られた華やかな家庭料理です。

松山出身の俳人・正岡子規も松山鮨を愛していたといわれ、夏目漱石に振る舞ったこともあるのだとか。松山では混ぜることを方言で「もぶる」ということから、松山鮨のことを「もぶり鮨」「もぶり飯」などと呼ばれることもあります。

私のおすすめのお店「明倫館」

「明倫館(めいりんかん)」は、瀬戸内海の海鮮がリーズナブルに楽しめる寿司居酒屋。カウンター席に座れば、目の前で寿司を握る職人の様子を見ることができます。

松山鮨のほかに、じゃこ天などの郷土料理も充実で、観光客にぴったりです。完全個室があるので、グループでわいわい楽しみたい人にも、カウンターでひとりでゆっくり食事したい人にもおすすめです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS