4. 新鮮野菜がたっぷり「ベンベラ ネットワークカンパニー」

地下鉄大通駅から徒歩7分の場所にある「ベンベラ ネットワークカンパニー」は、野菜がふんだんに使用されたベジタブルスープカレーを食べられるお店です。

細い通路を通り抜けて、突き当たりにひっそりとたたずむ店構えは、まるで秘密基地を思わせるような雰囲気。店に入る前からわくわくしますよ。

チキンベジタブル

1,000円 (税込)
スープカレーはいくつか種類がありますが、お店自慢のスープを味わうなら、まずは基本の「チキンベジタブル」がおすすめ。にんじんやオクラ、きのこなどのたっぷり野菜に、チキンレッグが丸ごとひとつ入った、絶品スープカレーです。
店舗情報

札幌でおすすめの「欧風カレー店」4選

5. 札幌駅直結の老舗「カリーハウスコロンボ」

札幌駅直結の「カリーハウスコロンボ」は、昔ながらのルーカレーを食べられるカレーライス店です。1973年創業の老舗として札幌市民に人気のお店で、ランチタイムには会社員の人たちで行列ができるほど。できるだけ時間に余裕を持って行くのがおすすめです。

たまごカレー

600円 (税込)
カリーハウスコロンボの人気メニュー「たまごカレー」は、お店特製のルーに輪切りのゆでたまごが浮かんだカレーライスです。「コロンボといえばこれ!」というほど有名で、多くの方がこちらを目当てに訪れています。さらに、食後のアイスが全メニューに付いてくるのもコロンボの特徴です。
店舗情報

6. カレーを味わえるバー「スパイスバー ターラ」

「Spice Bar TARA(スパイスバーターラ)」は、地下鉄大通駅から徒歩1分の場所にあるバー。なんとこちらでは、ランチにカレーを、夜のバータイムには、お酒とともにカレーやビストロメニュー、おつまみを楽しむことができます。カレーは約30種類のスパイスを配合した、こだわりのひと品です。

ポーク野菜

900円(税込)
ランチメニューで提供されているポーク野菜は、「スパイスバーターラ」を訪れたらぜひ食べてもらいたいメニュー。やわらかく煮込んだ豚バラ肉のフライに、じゃがいも・にんじん・なす・ピーマンなどの野菜の素揚げがトッピングされています。こだわりのルーと具材の相性が抜群で、定期的に食べたくなる味わいです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ