皮なしとうもろこしの場合

・先まで実がつまっているか
・持ったときにずっしりと重いか
・粒がふっくらとしていて、ツヤがあるか


皮なしのとうもろこしは、上記の3つがチェックポイント。新鮮なとうもろこしは水分が多いので、実の質感や持ったときの重さで、みずみずしく感じるものを選ぶようにしましょう。

とうもろこしの賢い保存方法

先述したように、鮮度の落ちやすいとうもろこしは生での保存に向きません。家に帰ったら、ゆでる・蒸すなどの下処理をしてから保存しましょう。

下処理したとうもろこしは、冷蔵・冷凍のどちらでも保存できます。空気に触れないように全体をラップで包み、冷蔵保存で3~4日、フリーザーバッグに入れて、冷凍で1カ月が日持ちの目安です。冷凍するときは固めにゆでておくと、解凍後の食感がよくなりますよ。

すぐに下処理できないときは、皮付きのままキッチンペーパーに包んで冷蔵庫で保存しましょう。生の状態でフリーザーバッグに入れて、冷凍保存も可能です。

旬のとうもろこしのおすすめ調理法

いろいろな調理方法がありますが、旬のとうもろこしのおいしさをシンプルに味わうなら、ゆでる・蒸すなどの下処理をして、そのまま食べるのがおすすめです。水からゆでるとジューシーな仕上がりに、お湯からゆでるとシャキッとした食感に仕上がるので、ゆで方にこだわって調理してみてくださいね。

コーンスープやサラダへのトッピングは、通年手に入る「コーン缶」でも作れるのでおすすめしません。

旬のとうもろこしを使ったおすすめレシピ3選

1. 芯まで炊き込む。とうもろこしごはん

Photo by macaroni

調理時間:60分
コーン缶でも作れる「とうもろこしごはん」ですが、旬のとうもろこしを芯ごと使うと格別のおいしさに。芯からでるコク、醤油の塩味、粒の甘さのバランスが絶品で、おかずなしでモリモリ食べられます。余ったごはんは冷凍できるので、普段の献立はもちろんお弁当にもおすすめです。

2. 止まらぬおいしさ!とうもろこしのバター醤油唐揚げ

Photo by macaroni

調理時間:20分
お祭りの屋台にあるような、香ばしい味わいの「とうもろこしのバター醤油唐揚げ」。揚げることでとうもろこしの旨みがぎゅっと濃縮し、ひと口食べればジュワ〜っと甘さが広がります。芯ごと切ったら片栗粉をまぶして揚げるだけなので、おやつやおつまみにサッと作れるのがうれしいですね。

3. ジュワッと甘い♪ とうもろこしと枝豆の煮浸し

Photo by macaroni

調理時間:15分
とうもろこしは芯ごと、枝豆はさやごと煮る、簡単で豪快なレシピ。夏の定番食材を使っているので、このひと品で季節感たっぷりです。とうもろこしの芯からでるだしで、枝豆はほっこり甘く仕上がります。
Photos:3枚
白いお椀に盛られたとうもろこしごはん
ガラスの器に盛られたとうもろこしのバター醤油唐揚げ
お花型のお皿に盛られたとうもろこしと枝豆の煮浸し
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS