購入できる場所

玉嶋屋本店、中合・イトーヨーカドー福島店、福島駅内/新幹線改札口前のニューデイズ売店、うすい・ヨークベニマル本宮インター店、郡山駅内/新幹線改札口中央のニューデイズ売店、郡山駅2Fお土産処あさか野、磐梯山サービスエリア(下り)、福島松川パーキングエリア、道の駅安達(上下線)、日本橋ふくしま館MIDETTEほかで購入できます。

5. 会津産くるみとこしあんのコラボ「香木実(かぐのきのみ)」

Photo by 嶋田コータロー

17個入り2,000円(税込)
福島土産のなかで、ぜひ一度食べてもらいたいのが「香木実(かぐのきのみ)」。1848年創業の老舗・本家長門屋が手がける、会津産の鬼くるみをこしあんで包んだお菓子です。2016年G7伊勢志摩サミットでは、おもてなし商品として用いられました。しっかりした贈答用のお土産を探している人におすすめのひと品。

Photo by 嶋田コータロー

こしあんの表面にまぶされているのは黒糖。やわらかいこしあんと黒糖の風味、そのあとから、くるみのカリッとした食感がやってきます。いわゆる「餡子」を食べているという感覚がせず、さらりとした甘さが特徴的です。渋みがないくるみの香ばしさも、なんともいえませんね。自信をもっておすすめできるので、気になったらぜひ手に取ってみてください♪

賞味期限

2週間

購入できる場所

長門屋の各店舗、福島市のコラッセふくしま1階 観光物産館(福島市)、郡山市のうすい百貨店 地下1階 全国銘菓売場(郡山市)で購入できます。

6. 福島土産の定番といえばこれ!「ままどおる」

5個入り袋540円(税込)
福島県の定番土産として、圧倒的な人気を誇るのが三万石の「ままどおる」。ままどおるには、スペイン語で“お乳を飲む人”という意味があるんですよ。ミルク味の餡が入った焼菓子で、子どもから年配の方まで、誰にでも好まれるやさしい味わいが魅力的。黄色を基調としたパッケージもオシャレで、お土産に渡したくなるひと品ですね。
ふわっとバター風味が漂う生地とミルク餡の相性はバッチリ!餡はもったりしておらず、口当たりが良くまろやかですよ。子どもたちのおやつに、ミルクと一緒に出してあげるとテンションがあがりそう。10~5月までの季節限定品として「チョコままどおる」も販売されていますよ。

賞味期限

製造日より8日
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS