購入できる場所

柏屋の各店舗、郡山駅、東北自動車道・磐越自動車道・常磐自動車道などのサービスエリア、パーキングエリアほかで購入できます。

3. 南蛮文化が伝わった会津銘菓「かすてあん会津葵」

Photo by 嶋田コータロー

5個入り1,250円(税込)
南蛮文化がもたらされた福島県会津の銘菓といえば「かすてあん会津葵」。カステラ生地の中にこし餡が入った、異国の雰囲気が感じられるお菓子です。会津藩主の家紋がデザインされた個包装や、カステラ表面の押し文様が特徴的。歴史好きの友人へ贈ればきっと喜んでもらえますよ♪

Photo by 嶋田コータロー

開封するとカステラの香りがふわっと漂い、食欲がそそられます。小豆をしっかり感じられるこし餡にはコクがあって奥深い味わい。カステラと餡子は相性ばっちりですよ♪ コーヒー、紅茶、ミルクなどいろいろな飲み物とも合いそう。パンプキン餡入りの「かすてあん江戸葵」も、おすすめですよ。

賞味期限

常温未開封2週間

購入できる場所

会津葵本店、会津葵南蛮館、会津葵シルクロード文明館、会津若松駅、鶴ヶ城天守閣売店、コラッセふくしま(福島県観光物産館)で購入できます。

4. ゴムの中に羊羹!?「玉羊羹」

Photo by 嶋田コータロー

5ヶ入り袋540円(税込)
江戸時代より羊羹の製造を手がけている老舗・玉嶋屋の「玉羊羹」。なんと羊羹がゴムの中に入っているんですよ。楊枝でプチッと刺せばゴムがくるっとめくれて、そのまま食べられます。食べ方がユニークで、子どもと一緒に食べると盛り上がりそう!ふた口くらいで食べられる小ぶりサイズなので、お土産としても利用しやすいですよ。

Photo by 嶋田コータロー

食べるのが楽しくなる羊羹で、ついプチッと何個も刺したくなります♪ 切り分けたり皿にのせたりせずに、手軽に食べられるのも嬉しいポイントですね。小豆の風味がしっかり感じられ、しつこい甘さがなくさらっとした味わいです。ゴムに入った羊羹には、玉羊羹のほか桃羊羹やハート羊羹もありますよ。

賞味期限

30日
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS