賞味期限

製造日より120日

購入できる場所

日の出屋製菓 ささら屋本店、JR富山駅ほかで購入できます。

5. 氷のように割れ溶けていく「薄氷(うすごおり)」

Photo by 嶋田コータロー

10枚入り1,080円(税込)~
1752年に誕生した薄氷は、その名のとおり、寒い時季の田んぼに張る薄い氷をモチーフにした干菓子。富山県産の餅米で作られた煎餅に和三盆糖が塗られていて、品のよい甘みが特徴です。

明治時代には宮内省の御用菓子として用いられた、伝統ある銘菓ですよ。上品なお菓子を少し味わいたい人へのお土産にいかがでしょうか。

Photo by 嶋田コータロー

ひと口かじると、まるで本物の薄氷のようにパリッと音がして、口の中でじゃりじゃりと砕けていきます。薄い煎餅に塗られた和三盆糖のあと味もよいですね。種類は写真のプレーンタイプのほかに、季節の薄氷として、花びら・ほたる・イチョウ・うさぎなどがありますよ。

賞味期限

60日

購入できる場所

五郎丸屋本店、JR富山駅ほかで購入できます。

6. 江戸時代の薬がお菓子に!?「反魂旦(はんごんたん)」

Photo by 嶋田コータロー

12個入り864円(税込)~
江戸時代に流通した越中富山の売り薬「反魂丹(はんごんたん)」をモチーフにした、ひと口サイズの焼き饅頭です。薬箱に見立てたパッケージがユニークなので、話のネタになるお土産を探している人は、手に取ってみてはいかがでしょうか。

Photo by 嶋田コータロー

生地にはチョコとココアが入っているため、洋風饅頭といってもよいでしょう。饅頭の皮と白あんの相性もよく、しつこくなくさらりとした味わいです。さすがにココアと一緒に食べると、くどくなるので、ミルクやブラックコーヒーがおすすめ。12個入りのほかに20個入りもありますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS