葉酸

ホタテに含まれる葉酸は、100gあたり87μgです。(※1)

葉酸は、赤血球の生成を助ける栄養素です。また、胎児の正常な成長のために必要な栄養素で、妊娠を希望している人や妊娠の可能性がある人は、食事からの摂取のほかに、栄養補助食品などから一日400μgの摂取が望ましいとされています。葉酸は水に溶け出しやすいので、長時間水につけたりゆで汁を捨ててしまう調理法はできるだけ避けましょう。(※4)

亜鉛

ホタテには100gあたり2.7mgの亜鉛が含まれています。(※1)

亜鉛はDNAの合成に関与したり、乳児や胎児の発達に重要な役割を果たす栄養素です。また、味覚を正常に保つために必要不可欠。不足すると、味覚障害を引き起こしてしまいます。おいしく食事を楽しむためにも必要な成分ですね。(※5)

タウリン

タウリンは、魚介類や軟体動物に多く含まれる成分で、コレステロールの吸収を抑える働きを持つと言われています。そのほかにも、視力の回復や、インスリン分泌促進など、いろんな作用があると認められています。
体内でも作ることができますが必要量には足りないので、食品から摂取する必要がある栄養素です。(※6)

ダイエット中はこれ!おすすめの調理方法

エネルギー代謝に必要なビタミンB群は水溶性で、調理の際に流出しやすい栄養素です。ダイエット中には、余すことなく摂取できる調理法がおすすめですよ。(※3)

そのまま生でお刺身やカルパッチョにして食べるのが、栄養素の損失を最小限に抑えられます。火を通す場合にも、スープや蒸し料理だと、溶け出した成分も丸ごと摂れますよ。

うまみが強い食材なので、味付けはほんの少しで大丈夫。素材のうまみを生かして調理すれば、減塩もかなえられますね。

ホタテのヘルシーさをいかして!おすすめレシピ5選

1. ヘルシーなひと皿に!ホタテのジェノベーゼベジパスタ

Photo by macaroni

ホタテのうまみを存分に味わえる、ベジヌードルのパスタです。ズッキーニをパスタに見立てて作っているので、とってもヘルシーですよ。ホタテはバターでさっとソテーして、うまみも栄養も残さずいただきましょう。

2. ホタテのさっぱりカルパッチョ

彩り鮮やかなホタテのカルパッチョ。白いホタテにパプリカの赤がきれいなひと皿です。おもてなし料理としてもおすすめですよ。ホタテは生のままなので、栄養を逃さずに摂れます。火を使わず、もうひと品作りたいときにもいいですね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ