北海道内でも珍しい!札幌「士別バーベキュー」でサフォークラムを堪能

札幌市中心部にあるサフォークラム専門店「士別バーベキュー」を紹介します。北海道内でも珍しい北海道産のサフォークラムを提供してくれるお店なので、札幌ならではのグルメを求めている旅行者に向けておすすめメニューも含めてご紹介します。

2020年2月26日 更新

ライター : r_i

北海道グルメライター

旅行、グルメが好きなライターです。 北海道のグルメ情報や美味しいお店なども紹介できればと思います。 よろしくお願いします。

札幌市民も通うバーベキュースタイルのジンギスカン店

北海道のジンギスカンといえば、ドーム状の「ジンギスカン鍋」を想像する人が多いかもしれませんが、士別バーベキューはバーベキュースタイルのジンギスカン店。観光客に人気なのはもちろんですが、地元の人たちも通う札幌市民おすすめのお店です。人気の理由は、北海道でもなかなか食べることができない「北海道産サフォーク」の新鮮なお肉をいただけるから。

今回の記事では、札幌在住のライターが、地元民にも人気のジンギスカン店「士別バーベキュー」を紹介します。

ライター紹介

北海道グルメライター  r_i

ひとり旅で国内外さまざまな土地を巡ったことがきっかけで、地元「北海道」の魅力を再発見。札幌市を中心に、グルメや観光情報を執筆するライター。

北海道産サフォークのお店「士別バーベキュー」

士別バーベキューは狸小路商店街にあるお店。北海道名物のジンギスカンをバーベキュースタイルで楽しめます。狸小路商店街は1丁目から7丁目まで屋根付きのアーケード街になっており、雨の日や雪の日でも濡れることなくお店までたどり着けるので、札幌が初めての観光客にもおすすめ。
店内は吹き抜けになっており開放的な雰囲気。北海道のジンギスカンといえばドーム型の専用鍋を使うのが一般的ですが、士別バーベキューでは網焼きのバーベキュースタイル。店名が「士別ジンギスカン」ではなく「士別バーベキュー」となっているのはそのためです。

座席が横長のバーベキュー台になっているので、お客同士でにぎやかに楽しむことができます。

士別バーベキューのこだわり。サフォークラム種とは

士別バーベキューはサフォークラムの専門店。サフォークとは羊の種類のことで、胴体が白く顔が黒いのが特徴。日本国内では飼育数が少なく、希少種の羊として知られています。

サフォーク種は肉質がとてもやわらかく羊肉独特の臭みが少ないのが特徴で、これこそが士別バーベキューの人気の秘密なのです。店名の由来となっているオーナーの出身地、北海道士別市のほか、美深町、上士幌町などから仕入れた純国産サフォークラムを提供しています。

まずはこれ!「士別バーベキュー」のおすすめメニュー5選

1. 一番人気はラム肩ロース北海道産

1,390円(税抜)
士別バーベキューで一番人気のメニュー。脂身と赤身のバランスがよく、やわらかいのが特徴。くせが少ない部位なので、ジンギスカンを初めて食べる人にもおすすめのお肉です。

2. お店いちおし!ラムロイン北海道産

1,680円(税抜)
ラムロインは羊の腰部分のロースです。うえで紹介した肩ロースに比べて、上品な味わいが特徴。脂がのっていてジューシーでありながら、臭みがなく食べやすい部位。お店一押しの大人気メニューです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS