バレンタインに!簡単でかわいい「いちごチョコ」のレシピ&ラッピング

バレンタインに贈る手作りのチョコレートは失敗したくないですよね。この記事では「いちごチョコ」のレシピと100均グッズを使った、おすすめのラッピング方法ご紹介します。少ない材料で作れて、チョコレートの扱いも楽ちん!しかも華やかで見映えがするので、初心者の方でも安心ですよ♪

2020年2月6日 更新

材料2つで簡単!いちごチョコのレシピ(調理時間:15分)

Photo by Raico

さっそくいちごチョコの作り方をご紹介します。いちごに溶かしたチョコレートを絡めて冷やすだけで、とびきりキュートなスイーツになります。慣れてきたらトッピングを工夫して、オリジナルのいちごチョコを作ってみてくださいね。

材料(10~15個分)

Photo by Raico

・いちご……1パック(10~15個程度)
・コーティング用チョコレート……100g
※お好みでアラザンやチョコペン、転写シートなどを使ってもOK

きれいに作るポイント

コーティングチョコレートを使用する

お手軽にいちごチョコを作るなら、コーティングチョコを使用することをおすすめします。通常、チョコレートは滑らかな口当たりにするため、テンパリングという何度も温度調整をする作業が必要になりますが、コーティングチョコなら、60℃のお湯で一度溶かしてそのまま使うことができます。 常温でも固まって表面がきれいに仕上がるため、プレゼント用にしても安心して持ち歩くことができるんです。

バレンタイン前にはスーパーでも見かけますが、通販でも取り扱いがあります。富澤商店のネットサイトで購入することもできますよ。

溶かす温度や水分、油分にも気を付ける

チョコを溶かす温度は60℃程度にしてください。また、使う道具はしっかりと水分や油分を取ったきれいなものを使用するようにしましょう。チョコの中に水が入ってしまうと分離の原因になってしまうので注意してくださいね。

下準備

Photo by Raico

いちごは、はけで汚れを取っておきます。ヘタを生かしたい場合はそのまま残し、取る場合はヘタの部分を切り落とします。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS