ライター : camel6808

普段はとある企業でせこせこ働いてます。 思いついたときにフラっと喫茶店のプリンを食べに行くのが趣味です。 皆さまにレシピやグルメ系の情報が発信できるよう、がんばっていきます。

桔梗信玄餅工場テーマパークとは

信州のお土産といえば、誰もが思い浮かべるのが桔梗信玄餅。販売しているのは明治22年創業山梨県に本店を構える老舗和菓子屋です。工場も同じ山梨県にあり、そこで全国に出荷される桔梗信玄餅が作られています。 その工場、実は中が見学できて、ほかにもお菓子詰め放題やアウトレット商品を販売するお店、手作りアイスを食べられる工房や神社などが併設されている一大テーマパークになっているんです!見学料金はうれしいことに無料。 中央自動車道、一宮御坂ICから車で5分の場所にあり、大きな工場を目の当りにしたら「ここであの信玄餅が作られているんだ」と感慨深くなってしまうでしょう。

コスパ抜群!「信玄餅詰め放題」が大人気

パーク内では、信玄餅が作られている工場の中を見学できるだけでなく、あのきれいな包みを自分でできる体験、大人気の信玄餅詰め放題、桔梗屋が作る絶品お菓子を激安で購入できるアウトレット店、さらにはできたてのお菓子をその場で楽しめるカフェやアイス工房など、いろんな施設がたくさんあります♪ 工場見学は予約なしで誰でも無料!包装体験は税込み390円で行えます。大人気のお菓子詰め放題は連日多くの人で賑わい、整理券が配布されています。毎日この整理券を求めて、早朝から長蛇の列が出現するのだとか。料金は税込み220円となっていて、とてもお得なので人気なのも納得です。

行列必須。信玄餅詰め放題の攻略法

パーク内でも、信玄餅詰め放題は特に人気のイベントのひとつ。毎日平日は9時半から、土日祝日は9時から開催されていて、売り切れ次第終了となります。料金は税込み220円、平均12個くらい袋に詰められるので、1個あたり20円以下と脅威のコスパ! この魅力につられて連日多くの方が押し寄せます。しかし会場となる「グリーンアウトレット1/2」には1度に15名程度しか入れないそうなので、整理券制をとっています。開始時刻の30分前には、平日でも少なくとも20名は並んでいるのだとか。休日は気候のよいときだと、100人ほどの行列ができていることもめずらしくないんだそうです。配られる整理券は限りがあるので、開始30分前には整理券配布の列に並ぶようにするといいかもしれません。

バスツアーで行くのもおすすめ

詰め放題はしたいけど、そんな早朝に信州まではちょっと厳しい、そんな方も多いと思います。そんなときはバスツアーで行くといいですよ。 いろいろな旅行代理店がツアーを企画しており、調べるとたくさんのプランがでてきます。ツアーを申し込むと整理券が絶対ゲットできて、工場までバスが運んでくれるので楽チン♪ 頑張って朝早く行ったのに整理券が終了していた、なんて残念なことにもならずに済みます。ツアー料金やツアー内容については旅行代理店によってさまざまなので、お好きなプランをチョイスしてみてください。

詰め放題以外にもおすすめスポットがたくさん♪

アウトレットショップ「社員特価販売1/2」

桔梗屋では信玄餅だけでなく、黒糖かすてらや餅どら、饅頭など、さまざまな商品を作っています。もちろん、作っている過程でちょっぴり歪んでしまった商品や、賞味期限が近づいてしまった商品がでるわけですが、「社員特価販売1/2」では、それらの商品が格安で手に入るんです。 どの商品も品質にはなんら問題はなく、店員さんが棚に並べると同時に消えていくほど大人気。どれも50%オフは当たり前!ついつい買い物カゴが満杯になっている方も多くいるみたいです。日によって並ぶ商品に違いがあり、なかなかお目にかかれないレアな商品も登場するので、何度行っても飽きることなく楽しめる施設です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS