山梨の定番土産!「桔梗信玄餅」の基礎知識からテーマパークまで総まとめ

山梨のお土産といったら「桔梗屋(ききょうや)」の「桔梗信玄餅」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。この記事では桔梗信玄餅の値段や賞味期限、カロリーなどの基礎知識から、展開しているさまざまなアレンジ商品、そして工場テーマパークの情報などたっぷりまとめてみました!

2019年6月21日 更新

山梨の定番、桔梗屋の「桔梗信玄餅」

木製のテーブルの上に置かれた、包みが解かれていない桔梗信玄餅

Photo by TAMA39

山梨県のお土産といえば、というくらいに定着している「桔梗屋(ききょうや)」の「桔梗信玄餅」。2012年~2014年、モンドセレクション金賞を受賞した実績を持ち、多くの人に愛され続けている和菓子です。

きな粉をまぶしたお餅に特製の黒蜜をかけて食べるのですが、花柄のパッケージも愛らしく、明治初期に創業した桔梗屋の代表的な商品でもあります。

「桔梗屋」とは

桔梗屋は明治22年に創業、昭和28年に会社が設立された和菓子店です。消費者が飽きないよう、さまざまなアイデアとともに商品を展開しています。昔から変わらず根強く愛されているのは、常に新しい切り口でわたしたちを驚かせてくれるからなんですね。

桔梗信玄餅の値段、賞味期限やカロリーは?

容器に入った桔梗信玄餅に黒蜜をかけている様子

Photo by TAMA39

まずは、桔梗信玄餅の基礎知識についてお話しします。値段や賞味期限といった情報は、やはり気になるところですよね。

値段

桔梗信玄餅は基本的に、2個入りから20個入りのセットで販売されています。店頭販売では、2個入りは306円(税抜)、20個入りは2,769円(税抜)という価格帯。シーンによって買い分けてみてくださいね。
1 / 8
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう