山梨でワインを楽しむ。おすすめワイナリー7選

今回は、日本最大のワインの産地である山梨でおすすめのワイナリーをご紹介します。国内産ワインの発祥の地といわれている勝沼のワイナリーを中心にご紹介します。無料試飲ができるワイナリーや、ランチを楽しめるワイナリーもあるので、ぜひ休日におでかけしてみてくださいね。

2019年6月5日 更新

ワイン好きなら訪れたい「山梨」

果実王国の山梨を代表する甲州ブドウから造られるのが甲州ワインです。甲州ワインにはライム、レモン、白桃、グレープフルーツのようなさわやかな酸味があります。寿司や天ぷらなどの和食だけではなく、モダンフレンチやイタリアンにもおすすめです。昔は甘みが過剰に感じられましたが、今ではさわやかな酸味と果実味が加わっています。

ワイナリー巡りは「勝沼」がおすすめ

勝沼エリアは山梨県甲州市勝沼町を指しており、国内産ワインの発祥の地といわれています。東京都心から2時間程度で行けるので日帰り旅行にぴったりです。勝沼ぶどう郷駅は標高の高いところにあるので眺めもいいです。ワインコースとぶどうコースという循環茄子が出ており、料金は1人300円です。ぶどうの丘には勝沼のすべてのワインがそろっています。

ワイナリー巡りにおすすめの時期

ぶどうの花が見られるのは3月から4月頃です。気温が10度超えると芽が出始め1週間ほど花が楽しめます。花と収穫の間にあたる7月頃はぶどうが実るのでブドウ畑見学の人気の時期でもありますが、栽培農家にとってはデリケートな時期でもあるので注意が必要です。新酒のテイスティングを希望している方は出荷時期の11月頃がおすすめです。

1.勝沼ぶどう郷駅より歩いて行けるので便利!老舗ワイナリー「シャトー勝沼」

JR中央線勝沼ぶどう郷駅よりタクシーで3分、徒歩15分。中央道勝沼ICより車で5分。シャトー勝沼は明治初頭より「今村ぶどう醸造場」として設立。勝沼では歴史と伝統のあるシャトーです。自営の畑を持っており、原料でもあるぶどうの栽培からワイン醸造、そして販売まで一貫しておこなっています。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

saki_rin0705xx

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう