ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ワインのお供にぴったり♪ フランス生まれのグジェール

Photo by muccinpurin

クリスマスや忘年会、その前にはボジョレーヌーボーの解禁日を控えたこの時期にカルディで売れているのが、フランス生まれのおつまみ「グジェール」。 日本ではまだ聞きなれないおつまみですが、フランスではワインと一緒に楽しまれているそうなんです。パクパク摘まめてパーティーにもぴったりなグジェールを味わってみました♪

ミニサイズの軽いシュー「グジェール」

Photo by muccinpurin

「カルディオリジナル グジェール」198円(税込)
グジェールが生まれたのは、フランス東部に位置するブルゴーニュ。ピノノワールやシャルドネなど、フランス国内だけでなく、世界でも有名なワインの名産地として知られています。 そんなワインをおいしく飲むために作られるのが、今回ご紹介するグジェールです。カルディでもワインのおつまみとして購入する方が多いようで、ワイン売り場の横に陳列されていました。チーズや小麦が描かれたシックでおしゃれなパッケージで目立っていましたよ♪ 削ったハードチーズを混ぜ込んで焼いたシューなので、これはお酒に合いそうな予感……!

Photo by muccinpurin

パッケージを持ってみるとわかるんですが、とっても軽く、内容量はなんと30g! 「入っている量が少ないのでは……」という気がしていましたが、ひとつあたりの重さがとても軽いので、かなりの量が入っていました。数を数えずに食べ進めてしまったことを後悔しましたが、グラスワインを2~3杯飲むくらいは充分に入っていそうです。 焼いてあるのでサクサクと軽い食感が特徴で、指でつまんでも油っぽくないので勉強や仕事中のおやつとしても手軽に食べられそうですよ。

このひと口サイズが罪なんです…

Photo by muccinpurin

指でつまんでみるとわかるように、こんな感じのミニサイズなので、ついついパクパク食べてしまいます。チーズを使っているとはいえ、チーズらしい香りはそこまで強すぎないので、食べ飽きることなく、次から次へと口のなかへ消えていきます。 この軽いサクサク食感は、子どもも好きな感じですね!

具材をサンドすれば、ミニバーガーのようでキュート♪

Photo by muccinpurin

そのままでも充分おつまみとして成立するグジェールですが、今回は半分にカットしてなかにカッテージチーズとミートソースをサンドしてアレンジしました。 ミニミニサイズのシューに具材をサンドした様子は、まるでミニチュアのハンバーガーのようで何ともかわいらしい仕上がり♪ 今回は同じ具材でしたが、いくつかの具材をサンドして並べるとパーティーのフィンガーフードとして見栄えがしそうですね。生ハムをくるくると巻くのもよさそう!

Photo by muccinpurin

シューよりも乾燥していて割れやすいので、パン切りナイフを小刻みに動かし、ゆっくりと切るとうまくいきます。 切り終わりのほうが意外と割れやすいので、最後まで気を抜かず丁寧に、丁寧に……。

パクパク摘まむ手が止まらない…!

Photo by muccinpurin

ワインの本場・フランスのブルゴーニュ生まれのグジェールですが、お酒のおつまみはもちろん、おやつとしても食べやすく、サクサクとした食感についついはまってしまいました。 日持ちもするので、年末のパーティーシーズンに向けてストックしてアレンジを楽しんでみてはいかがでしょう?
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:カルディオリジナル グジェール ■価格:198円(税込) ■カロリー:1袋30gあたり165kcal ■販売場所:全国のカルディ各店 ※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS