ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

おうちパーティーの季節到来!

Photo by akiyon

これから年末に向けて、クリスマスや忘年会などのおうちパーティーを開く機会が増えますよね。家族や訪れてくるお客さんの喜ぶ顔を想像しながら、得意料理に腕を振るうのも楽しみのひとつですよね。 ただ、がんばりすぎは禁物です。全部一から手作りするのではなく、便利なアイテムも使って心に余裕を持たせたおもてなしをしたいものです。 そこでパーティー向けの料理を手軽に作れるアイテムを、カルディから厳選してご紹介!ちょっとラクをしながらも、メニューの数を増やせますよ♪

1. 電子レンジで90秒!お手軽「チーズフォンデュ」

Photo by akiyon

338円(税込)
寒い季節。バゲットに熱々のチーズをとろーりと絡ませて食べる「チーズフォンデュ」は、大人気のパーティーメニューです。そのチーズソースをあっという間に作れるのがこの商品です。 ソースを手作りするとなると、チーズやワインなどをそろえる必要がありますが、このアイテムを使えば一切その必要はなし。ほんとうにこのひと箱だけで、チーズフォンデュを楽しむことができるんですよ。

Photo by akiyon

パッケージの中には、鍋の形をしたプラスチックの容器とソースの袋入り。ソースをこの容器に移して、電子レンジで温めます。加熱時間はなんとたったの90秒!とろりとしたチーズソースがあっという間にできあがるんです。 この容器のままテーブルに出して手軽に楽しむことができるので、とっても簡単!またフォンデュ専用鍋に移し替えて、固形燃料で温めながらいただくとより本格的なパーティー料理になりますよ。

3種のチーズで本格味

Photo by akiyon

ソースはとてもなめらか!ゴーダチーズ、チェダーチーズをベースに、エメンタールチーズパウダーで仕上げているので、マイルドながらも複雑で本格的な味わいです。 バゲットとの相性は抜群で、やめられない止まらない……!そのほか、じゃがいもやにんじん、ブロッコリーなどもよく合い、ソーセージやエビ、豚肉などもゆでて添えれば豪華なパーティーメニューの完成です♪

2. フライパンひとつで作れる「ローストビーフの素」

Photo by akiyon

194円(税込)
パーティーのメイン料理として、手作りのローストビーフのお皿をドンとテーブルに……。そんなあこがれのシーンを簡単にかなえてくれるのが、季節限定カルディオリジナル「ローストビーフの素」です。 ローストビーフといえば肉に下処理をして、オーブンで焼いて……と、ハードルが高そう!しかしこのアイテムを使ったローストビーフは、フライパンで仕上げるんです。一度作ってみると、ふだんのおうちごはんにもどんどんローストビーフを作ってみたくなりますよ♪

Photo by akiyon

パッケージの中には、2種類の小袋がセットで入っています。牛かたまり肉600g分のローストビーフの下ごしらえ用の「下味まぶし粉」と、できあがったローストビーフにかける「ソース」です。 作り方はパッケージの裏面に詳しく書かれていますが、ここでは実際に作ってみながら手順をご紹介していきたいと思います。

意外とシンプル!作り方の手順

Photo by akiyon

肉を焼く1時間前に冷蔵庫から出して常温に戻し、「下味まぶし粉」をまんべんなくまぶします。5分ほどおいたら、フライパンに油を入れ弱めの中火にかけます。

Photo by akiyon

肉のすべての面をこんがりと焼き色がつくまで焼きます。全体に焼き色がついたらフタをして、さらに数分蒸し焼きにします。

Photo by akiyon

焼き上がったらアルミホイルで牛肉全体を包み、さらにキッチンクロスでくるみながら20~30分置いて、予熱で火を通せば完成です♪

下味とソースに技あり!

Photo by akiyon

できあがったローストビーフをどきどきしながらカットしてみると……、ほどよく火が通ってきれいな色合いの断面が現れました!リーズナブルなオージービーフを使ったのですが、噛み心地がやわらかくてとてもジューシーです。 「下味まぶし粉」のこしょうやにんにく、ナツメグ、セロリパウダーが効いていて牛肉の味わいを豊にしています。またしょうゆベースの「ソース」も絶品で、赤ワインの風味と甘辛い味つけが牛肉によく合うんです。 簡単に作れますが、ちゃんと “手作り” したという満足感も味わえますよ。常温保存できるので、ぜひストックしておいて気軽に作ってみてくださいね♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS