ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

あごだしがマスト! 福岡風お雑煮の作り方(調理時間:20分)

Photo by leiamama

福岡出身の筆者は、お雑煮といえば「あごだし」。パックだしで手軽に雑煮だしができます。お正月のお雑煮にはブリを入れますが、普段食べるお雑煮は冷蔵庫にある野菜をたっぷり。栄養バランスも考えたお雑煮をぜひお試しください。

材料(2~3人分)

Photo by leiamama

・鶏もも肉……100g ・大根……100g ・にんじん……50g ・小松菜(水菜でも)……2束 ・しいたけ……1個 ・かまぼこ……1/2本 ・餅……適量 a. だし……600cc(水にあごだしを1パック入れて煮出しておく) a. 酒……大さじ1杯 a. 白だし……大さじ2杯 a. みりん……大さじ1杯

作るときのポイント

だしに鶏肉を加えたら、しっかりアクを取り除きましょう。透き通ったすまし汁になり、味に雑味がなくなります。味つけは大根、にんじん、しいたけを煮込んだあとにしてください。 餅はお好みで、焼いても雑煮だしでやわらかくなるまで煮込んでもOK!

作り方

1. 材料の下ごしらえ

Photo by leiamama

鶏もも肉は食べやすい大きさに、大根は半月切り、にんじんはいちょう切りにしておきます。しいたけは薄くスライス、かまぼこは人数分に切ってください。小松菜は軽くゆでて水気をしぼり、3cmくらいにカット。

2. 雑煮だしを作る

Photo by leiamama

煮出しておいたあごだしに、鶏もも肉を加えて雑煮だしのベースを作ります。中火で鶏もも肉の色が変わるまで煮込みながら、しっかりアクを取り除きましょう。

3. 具材を煮込む

Photo by leiamama

小松菜とかまぼこ以外の具材をすべてだしに加え、フタをして大根やにんじんがやわらかくなるまで5分ほど煮ます。
Photos:15枚
小松菜や大根、にんじんなどの博多風お雑煮のお椀
鶏肉や小松菜、大根、にんじんなどお雑煮の具材がのったトレー
下ごしらえ済の鶏肉、小松菜、大根などお雑煮の具材
あごだしで鶏肉を煮込んでいる鍋
鍋のだしで煮込んでいるお雑煮の具材
味つけをしている鍋に入ったお雑煮の具材
お椀に入った焼き餅
小松菜とかまぼこを加えた、鍋に入ったお雑煮
小松菜や大根、にんじんなどの博多風お雑煮のお椀
錦糸卵と青ネギを散らした、牛肉とトックの韓国風雑煮のお椀
大根、にんじん、しいたけの入った白味噌雑煮のお椀
ゆずと三つ葉、かまぼこをトッピングした、牛肉とごぼうのお雑煮のお椀
溶き卵を加えた小松菜とかまぼこの入ったお雑煮のお椀
青のりをのせ、大根やにんじんの入ったあん餅雑煮のお椀
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS