ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

冷凍野菜を使うメリットは?

冷凍野菜を使うメリットは、思った以上にたくさんあります!

比較的価格が安定している

生の野菜には旬があり、季節によって大幅に価格が上下します。さらに、旬の野菜であっても災害やほかの理由により、価格が高騰することも……。 その点、冷凍野菜は比較的価格が安定しているので、家計にやさしい食材といえます。

好きな量だけすぐ使える

料理によっては野菜が主役だったり、またはちょっと添えるだけの副菜だったり使う量はまちまちですよね。冷凍野菜なら好きな量だけ使えて残りは冷凍しておけるので、保存もラクラク。 しかも皮や根などをあらかじめ取り除いてあるので、調理中に処理する必要がなく、無駄が出ません。

下処理済なので調理時間が短縮できる

ほうれん草やかぼちゃはゆでてあり、ミックスベジタブルなら刻んだりさやや芯から外してあったりと下処理済なので、そのまま使えるのが魅力です。

栄養価も意外と高め

野菜の栄養は、旬の時期がもっとも高いといわれています。逆に、旬を外れた野菜は、多くの栄養は期待できません。 それと比べて冷凍野菜は、旬の時期に収穫したものを急速冷凍しているので、栄養をそのままキープできています(冷凍によって多少失われている栄養もあります)。

1. 組み合わせが珍しい!「ポテトミックス」

Photo by muccinpurin

「ポテトミックス」178円(税別)
コーン、にんじん、グリーンピースの組み合わせはよくありますが、にんじん、じゃがいも、玉ねぎの組み合わせはあまり見かけないのでは? 大きめのみじん切りにされた3種の野菜が生のまま冷凍されていて、サラサラの状態なので計量もしやすく、料理のたびに食材をみじん切りにする手間が大幅にカットできます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS