ライター : kanipangram

100均マニア

100均と業務スーパーに週1で通う主婦。1歳?6歳の3人の子育てに奮闘中!子どもと一緒に楽しめるかわいいキッチン雑貨・収納グッズ・海外直輸入のスイーツ・時短できる便利商品が大好きで…もっとみる

オランダから直輸入の冷凍アップルパイ

Photo by kanipangram

秋冬限定商品!業務スーパー「クラシックアップルパイ」

いよいよ冬到来。寒い日が続くからこそ、あたたかいお茶やコーヒーと一緒に、甘いお菓子も食べたくなりますね。 そんなとき業務スーパーをチェックしていると、規格外の大きさのアップルパイを発見! おしゃれなパッケージと『オランダから直輸入』『秋冬限定商品』という文字に、心が躍ります。しかしお値段を見てみると1380円(税抜)という、業務スーパーではなかなか手が出しにくい価格です。 気になるお味はどうなんでしょうか? 今回は「クラシックアップルパイ」について、業務スーパーマニアの筆者が、食べてみた感想をご紹介します。

Photo by kanipangram

1380円(税抜)
赤いおしゃれなパッケージが目印の「クラシックアップルパイ」。業務スーパーの冷凍コーナーで初めて見かけたときは、あまりの大きさに目を疑いました。箱のサイズは約縦26×横27×高さ7cmとかなり大きいサイズで、持ってみるとずっしりとした重さを感じます。 それもそのはずで、なんと「クラシックアップルパイ」の容量は驚異の1.8kg! コストコで売っているようなサイズと重みです。持って帰るのがちょっと大変そう……と心配になるくらいですが、そのぶん中身がギッシリと詰まっていることを期待してしまいます。

便利なカット済み商品

Photo by kanipangram

箱からドドンと出すと、アップルとシナモンの甘い香りが漂います。ポロポロとパイ生地が少し崩れてしまうので、慎重に取り出しましょう! 直径約27cmと、とても大きなアップルパイですが、あらかじめ12個にカットされているので、わざわざ切らなくていいところが便利です。1個あたりの価格は約115円と、サイズの割にコンビニスイーツよりも安い価格で、節約おやつとしてもいいですね。

りんごがたっぷり! 厚みのあるアップルパイ

Photo by kanipangram

アップルパイの高さを測ってみると、約6cmと冷凍商品とは思えない厚みです! パイの断面を見てみると、黄色のコロコロとしたリンゴと、茶色の部分にはシナモンシュガーとあんずジャムがぎゅうぎゅうに詰まっています。箱には「原材料配合割合:りんご52%」と書いてあるくらいなので、りんごがたっぷりと使われているようですね。 見た目と香りがとても良いことはわかったので、今度は実際に食べてみましょう!

気になるお味は?

Photo by kanipangram

冷蔵庫で自然解凍すること3~4時間。アップルパイをひと口食べてみると、シャキシャキとしたリンゴの食感とさわやかな風味が口の中に広がります。シナモンシュガーとあんずジャムは控えめな甘さなので、サイズは大きめですがパクパクと食べられました。 パイ生地は層になっているタイプではなく、サクサクとしたクッキータイプで、自然解凍でも表面はサクッとしていますが、下のパイ生地はしっとりとしています。

あたためたパイにバニラアイスを添えて

Photo by kanipangram

個人的におすすめしたいのは、「クラシックアップルパイ」をオーブントースターで焼くこと。自然解凍したあとにトースターで2分ほど焼くと、まるで焼きたてのような、こうばしい香りが部屋中に漂います。食べてみると、表面や下のパイ生地が蘇って、ザクザクとした食感に……! なかのリンゴやあんずジャムもあたためられて、自然解凍したときより甘さを感じます。 さらに、バニラアイスを添えると禁断の味に。あたたかいパイにとろりと溶けて、シャキシャキのりんごやザクッとしたパイ生地がアクセントになり、すぐに食べきってしまいます。お好みでキャラメルソースもかけるのもおすすめ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS