たったひと匙で料理上手に。成城石井ファンがこぞって買う「牡蠣油」

次々と人気商品を発売している成城石井。成城石井オリジナルのオイスターソース「牡蠣油」はご存知ですか?従来のオイスターソースとは、形状も味わいも違う新しいオイスターソース。日本食にもぴったりな風味なんですよ。

2019年9月30日 更新

成城石井のこだわりオイスターソース

牡蠣醤油とおつまみ

Photo by mamhiroe

成城石井はスイーツや惣菜など人気商品がたくさんありますが、オリジナル調味料にも注目してほしいんです。その中でも、知る人ぞ知るこだわり調味料が「牡蠣油」。瀬戸内産の牡蠣エキスを使用した国産オイスターソースです。

成城石井ファンの間でも人気の高い「牡蠣油」。使い勝手と味をレポートします!

国産食材で作られた「牡蠣油」

「牡蠣油」商品パッケージ

Photo by mamhiroe

499円(税抜)

オイスターソースといえば、どろっとしたテクスチャーを思い浮かべませんか? 瓶からなかなか出てこなかったり、ドバッと出てしまったり、なかなかぴったりの量が出てこなくて困ってしまいます。

でも成城石井の「牡蠣油」はさらりとしているので、必要量を使いやすいのがポイント。
商品パッケージとお皿に出した牡蠣醤油

Photo by mamhiroe

そのさらりとした感じは、醤油に近いですね。風味も、牡蠣の香りがただよう濃厚な醤油という印象。従来のオイスターソース独特の強い風味は感じず、すっきりとした味わいで和食にも活用しやすそうです。

オイスターソースって意外と余りがちなので、中華以外にも使えるのはうれしいですね。

外国産が多いオイスターソースですが、国産食材で作られている「牡蠣油」は、安心して使えると口コミでも話題です。

さっと炒めに大活躍!

牡蠣醤油で味付けしたちくわ

Photo by mamhiroe

ちくわをオイスターソースでさっと炒めただけのひと品。すっきりとしつつも、牡蠣の旨味が詰まっているので、「牡蠣油」で炒めただけで味が決まります。照り焼きのタレを使っているような手軽さです。仕上げにゴマ油をたらりとかければ、香りも加わってさらにおいしくいただけます。

時短おかずに、お弁当のおかずに、おつまみに、どんなときにもおすすめです♪
牡蠣醤油と生姜のキャベツ炒め

Photo by mamhiroe

こちらは、生姜をしっかり炒めて香りを出してからキャベツをさっと炒め合わせて、仕上げに「牡蠣油」を回しかけたひと品。

生姜の香りとピリッとした刺激に、キャベツの甘みと「牡蠣油」の旨味が加わって、お箸が止まりません。時間を置いて、味を馴染ませるとキャベツが「牡蠣油」の旨味を吸ってこれまた違った味わいに。作り置きにもおすすめです。

たったひと匙で旨みをプラス

牡蠣醤油とおつまみ

Photo by mamhiroe

すっきりしつつも牡蠣エキスの深みを感じる「牡蠣油」。今回はさっと炒めをご紹介しましたが、これからの季節、炊き込みご飯やコトコト煮込む煮物もおいしそうです。

お醤油の代わりに、使ってみると毎日のお料理の幅が広がっていきますよ。たったひと匙で簡単に旨みがプラスされるので、料理上手になった気分♪ ひと瓶常備していれば、間違いありません。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。

商品情報

■商品名:「牡蠣油」オイスターソース
■内容量:240g
■価格:499円(税抜)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mamhiroe

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう