知る人ぞ知るうまい店! 注目の新グルメスポット「裏浅草」で訪れたい、隠れた名レストラン4選

光客でにぎわう浅草寺を抜けて少し歩いた先にある、閑静な一角“浅草観音裏(あさくさかんのんうら)”。かつては花街として栄え、老舗料亭や名店が軒を連ねていたこのエリアには、今もなお伝統を守る老舗が点在する。今回は、そんなグルメスポット裏浅草でおすすめのお店を4点ご紹介します。

2019年9月13日 更新

【3】和食、器、ワインが好きなら絶対訪れたい。隠れ家的和食店『こへると』

2019年1月にオープンした『和食とワイン、酒 こへると』は、本格的な和食を高コスパで楽しめる和食店。浅草駅から徒歩12分、決して駅近とは言えない立地ながら、オープン直後から多くの食通たちを集める人気店となっている。
店内はカウンター5席を含めて18席。カウンター奥には、料理人の金澤祐樹さんの姿が常に見える。

『こへると』は1品1,000円以下のアラカルトも豊富だが、一番人気は5,000円(税別)のおまかせコース。メニューは月替わりなので、訪れるたびに新しいおいしさに出逢うことができる。
山海の素材を使用した肴の盛り合わせ「八寸」(写真上)。
上から時計まわりに「新玉葱ムース」「姫サザエつぼ焼き」「大鰐(おおわに)温泉もやし 黄味酢がけ」「飯蛸(いいだこ)桜煮」「新じゃが蕗味噌(ふきみそ)和え」「稚鮎南蛮漬け」、中央は「クリームチーズ味噌漬け」。

「八寸」といえば、通常はコース中盤に供されることが多いが、『こへると』では2品目に登場。「最初にインパクトがあったほうが盛り上がっていただけるし、お酒も進みますから」(金澤さん)と、ここにもお客へ気遣いが。
この日の焼物は、「桜鯛山吹焼き」(写真上)。
備長炭で焼き上げた桜鯛に、玉素(たまもと:卵黄に米油、薄口醬油と塩で調味したマヨネーズのようなソース)をかけて、やわらかな炭火でさらに火入れ。酒、塩、昆布だしで味をつけた卵を湯煎でじっくり火を通し、細かくそぼろ状にした炒り卵をトッピングすれば完成だ。

丁寧に調理された料理は、それぞれ個性豊かな器とともに供される。器は滋賀県の陶芸家・澤克典氏のものを中心にそろえ、どれも美術品のように美しい。ソムリエの音成麻衣さんが毎月入れ替える、こだわりのワインも見逃せない。

和食が好き、ワインが好き、器が好き。どれかひとつでも当てはまったなら、ぜひとも訪れてほしい一軒だ。

こへると

住所:東京都台東区浅草3-9-10 キャピタルプラザ浅草104
電話番号:03-6802-3852
営業時間:18:00~24:00
定休日:水曜
ぐるなび:https://r.gnavi.co.jp/k39wsnz60000/
上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

【4】どこか懐かしい「チューリップ」が名物! 超実力派シェフによるビストロ『ペタンク』

『dressing』の賢人でお馴染み、森一起さんの人気連載から紹介するのがこちらの一軒。“マイクロビストロ”の肩書きを持つ、カウンタービストロ『ペタンク』だ。

同店は、山田武志シェフがおひとりで営む店。山田シェフといえば、五反田『ヌキテパ』、ハンガリー大使館、パリ『ズ・キッチン・ギャラリー』を経て、銀座『グレープガンボ』、浅草橋『FUJIMARU』の料理長に就任するなど、さまざまなフランス料理店で研鑽を積んだ超実力派。
カウンター8席のみのこぢんまりとした店内は、初来店でも不思議とほっこりとしてしまうような、温かい空気感に包まれている。観音裏に店を出すことを決めてから、山田シェフ自ら自転車で物件を探し回り、やっと見つけた一軒だそう。
同店の人気メニューといえば、「チューリップ」(写真上)と「ウフマヨ」。2017年4月のオープン以来、すっかり定番となった2品には、「もっと気軽に、ワインと料理を楽しんでほしい」という山田シェフの想いが込められている。

チューリップに使用する鶏肉は、近くの千束通り商店街にある『竹松鶏肉店』で調達。山田シェフと同じく、かつて銀座三原小路にあった人気ビストロ『グレープガンボ』の卒業生である料理人・和知徹さんから教わった、130年以上の老舗だ。
シンプルなルックスの「ウフマヨ」(写真上)も、たかがゆで卵…と侮ってはいけない。ウフマヨの主役であるマヨネーズは、塩と酸の代わりにアンチョビとマスタードで調味。濃厚でクリーミーながら個性の光る一品で、この味を求めて再訪するファンが多いことにも納得だ。
楽しく食べて、楽しく飲む。そんな喜びを温かな空気とともに体感できるのが、ここ『ペタンク』なのだ。

ペタンク

住所:東京都台東区浅草3-23-3 上野ビル101
電話番号:03-6886-9488
営業時間:
17:00~23:00(L.O.)、土・日15:00~21:00(L.O.)
定休日:不定休
ぐるなび:https://r.gnavi.co.jp/pt3zcfze0000/
上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。
提供元:
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

dressing

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう