ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

今年のトレンドスイーツといえば…

Photo by muccinpurin

今年のスイーツブームを語るのに、外すことのできないバスクチーズケーキ。2019年9月1日(日)に、成城石井からも「バスクチーズケーキ」が新発売されました。 バスクチーズケーキは、各コンビニやカフェでも気軽に味わえるようになりましたが……成城石井の商品はどうでしょう? 発売間もないバスクチーズケーキを、さっそく味わってみました。

成城石井「バスクチーズケーキ」

Photo by muccinpurin

「バスクチーズケーキ」399円(税別)
タピオカと並び、2019年のスイーツブームを語るのに外すことのできない、バスクチーズケーキブーム。 カフェやコンビニでも売られるようになり、専門店も登場するほどの一大ブームは、現在も進行中。混ぜて焼くだけという簡単なレシピということもあって、手作りで好みのバスクチーズケーキを楽しむ人も増えてきました。

Photo by muccinpurin

今回ご紹介するのは、成城石井のバスクチーズケーキ。2019年9月1日に発売されたばかりの新商品です。筆者自身もバスクチーズケーキが大好きなので、発売されるのを心待ちにしていました。 パッケージは特にラベルもなく、金のトレーと透明なカバーという驚くほどシンプル。バスクチーズケーキの特徴とも言える美しい焼き色が前面に見えて、売り場でもとても目立っていました。

甘さと焼き色控えめの食べやすい味わい

Photo by muccinpurin

筆者も自分でバスクチーズケーキを何度も焼いたことがありますが、クリームチーズと生クリーム、砂糖と卵と薄力粉がほんの少しという、とてもシンプルな配合。だからこそ、ひとつひとつの素材のおいしさが、ケーキそのものの仕上がりに直結してくるんですよね。 成城石井のものは、北海道産のこだわりぬいた純生クリームを使用しているので、こっくりと濃厚。とはいえ、クリームチーズのほどよい酸味がよくマッチして、食べ飽きない控えめな味わいです。

Photo by muccinpurin

数々のバスクチーズケーキを食べてきましたが、こちらは比較的焼き色がやさしめな感じですね。ベイクドチーズケーキをちょっと焦がしました、とうい感じの焼き色です。 そのため、ほろ苦さも控えめ。真っ黒に焼いたタイプと比べると、ちょっぴり物足りないと感じる方もいるかもしれません。なかはしっとりと濃厚でかなり甘さ控えめなので、食べていても飽きることはなく、甘いものが苦手な方でもおいしく食べられそうですよ♪

白ワインと合わせるオトナの楽しみ方も

Photo by muccinpurin

成城石井の公式サイトでも紹介していた通り、甘さ控えめのバスクチーズケーキは白ワインやシャンパンとの相性が抜群にいいんですよね。 ということで、お昼ですがちょっと失礼して、しっかり冷やした白ワインと一緒にいただいてみました♪ チーズケーキというよりもチーズそのものに近いので、白ワインともしっくりなじみます。ワインとチーズの相性って、やっぱり最高です!

Photo by muccinpurin

よりおつまみっぽくするために、ブラックペッパーを挽いてみました。引き立ての胡椒の香りがチーズの輪郭をよりくっきりさせてくれるので、白ワインがどんどん進んでしまいます。このアレンジかなりおすすめです。 そのまま食べてももちろんいいですし、ベースがシンプルなのでブラックペッパーや生ハムと合わせると、よりオトナな楽しみ方ができそうですよ♪

あなたは何と合わせて楽しみますか?

Photo by muccinpurin

成城石井から新発売された「バスクチーズケーキ」を実食レポートでご紹介しました。 控えめな焼き色で苦みは少なめなものの、バスクチーズケーキ初心者さんには食べやすい味わいかもしれませんね。甘さ控えめなのでお酒とのペアリングが最高!お酒好きな方はぜひ試してみてくださいね♪
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:バスクチーズケーキ ■価格:399円(税別) ■カロリー:80gあたり305kcal ■販売日:2019年9月1日(日) ■販売場所:全国の成城石井各店 ※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS