累計1900万個売れた!ローソン「バスチー」に待望のプレミアムが誕生

ローソン史上最速で売れた前作のバスチーに続き、さらにバージョンアップした「プレミアムバスチー」が登場。今回は、ベースのバスチーのおいしさをそのままに、クリームとカラメルソースがかかった豪華版!発売初日にさっそく試食してみました♪

2019年8月23日 更新

クリームとナッツ、カラメルでさらにおいしく!

プレミアムバスチー バスク風チーズケーキ

Photo by muccinpurin

ローソン史上最速で売れたことが記憶に新しい「バスチー」が、さらにバージョンアップして登場しました!前回は累計販売数、1900万個を超えた大人気作。新作の発売が発表されるやいなや、全国のバスチーファンから「待ってました!」の声が次々とあがり、注目度の高さはピカイチ。

「レアでもない、ベイクドでもない新感覚」がキーワードだった前作の驚きはそのままに、たっぷりのクリームとカラメルソースで、装いも新たに登場した「プレミアムバスチー」の魅力をお伝えします♪

待ってたよ♪ さらにおいしく「プレミアムバスチー」

プレミアムバスチー

Photo by muccinpurin

「プレミアムバスチー バスク風チーズケーキ」320円(税込)

前回の爆発的ヒットが記憶に新しいバスチーですが、2019年3月のあの感動から半年が経とうとしています。全国のバスチーファンがバスチーロスに陥る中発表された、今回の「プレミアムバスチー」発売。これは、期待せずにはいられませんよね。

さっそく発売当日にローソンに行ってみると、前回の袋入りとは打って変わって、しっかりとしたドーム状のケースに入って堂々の貫禄!これで320円って、かなりお得感がありますよね♪
プレミアムバスチー

Photo by muccinpurin

パッケージから出してみると、豪華なデコレーションのプレミアムバスチーが登場。見た目の変化にお思わず「あれ?雰囲気変わった?」と声をかけそうになります。

これまでのバスチーの上にクリームとカラメルソース、そしてたっぷりのナッツがあしらわれていて、これはもはやチーズケーキの域を越えているような気がしませんか?オリジナルのバスチーと比べてケーキのサイズが大きくなり、重みも見た目もリッチ感が増しています。

カラメルのほろ苦さがチーズとマッチ!

プレミアムバスチー バスク風チーズケーキ

Photo by muccinpurin

クリームチーズにパルメザンチーズ、さらに北海道産の生クリームを使ったチーズケーキは、ねっちりと濃厚。

底に薄く敷かれたカラメルソースも、ほんのりと香ばしくいいアクセントになっているんですよね。本来のバスク風チーズケーキにはカラメルが敷かれていないので、もはやこのカラメル×チーズケーキは、ローソンのバスチーの代名詞です。

ベースのバスチーにはパルメザンチーズを使っているので、甘すぎないのも食べやすく、人気のヒミツでしょうか。
フォークに刺したバスク風チーズケーキ

Photo by muccinpurin

たっぷりと散りばめられたナッツは、アーモンド、くるみ、ヘーゼルナッツの3種類。クリームが見えないくらいのったナッツはサクサクで香ばしく、これまたチーズとよく合います。しかしかなりの量で、こんなに贅沢にのせていいんでしょうか。

さらに、これまではケーキの底とトップに控えめだったカラメルが、クリームから流れ落ちるほどかかっているのも新鮮です。ほろ苦さがアップし、バスチーをより大人っぽい味に仕上げてくれています。

全体的に甘さ控えめなのでとても食べやすく、甘いもの好きはもちろん「甘いものはあまり食べないけど興味あるな……」という方にもぜひ食べてもらいたいひと品です。

これはまたブームの予感…!

プレミアムバスチー バスク風チーズケーキ

Photo by muccinpurin

たっぷりのクリームと3種のナッツ、カラメルでバージョンアップした「プレミアムバスチー」。

ナッツ、クリーム、チーズケーキ、カラメルの4つの要素がしっかりと主張しつつも、味の調和がとれていて「さすがバスチー、売れるだけある……」と、あっという間にぺろりとひとつ平らげてしまいました。

甘さ控えめなので、キリッと冷やした白ワインやシャンパンとも相性がよさそうです♪ これはおいしくてヒットの予感……売り切れないうちにぜひ食べてみてくださいね!
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう