雨の季節にふさわしい。癒し系しっとり和菓子5選

憂鬱になりがちな梅雨の時期は、雨をテーマにした和菓子や雨の似合う和菓子で気分を盛り上げてみませんか? あじさいをモチーフにした生菓子から、みずみずしいマスカットを使った果実菓子、キュートなカエル形の焼き菓子まで。伊勢丹新宿店で買える、雨の季節にぴったりな和菓子をご紹介します。

2019年6月13日 更新

まるで水彩画のよう。琥珀羹の露が輝くきんとん<京菓匠 鶴屋吉信>

1個:432円(税込)
※販売期間:2019年5月13日(月)~6月15日(土)予定(各日完売次第終了)

<京菓匠 鶴屋吉信>あじさいきんとん 1個:432円(税込)
※販売期間:2019年5月13日(月)~6月15日(土)予定(各日完売次第終了)

この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。
四季折々の風情を和菓子で表現する<京菓匠 鶴屋吉信>にこの季節だけお目見えするのは、あじさいをかたどった、きんとん。

緑色、紫色、薄黄色の色鮮やかなきんとんに、小さく刻んだ琥珀羹を散りばめ、きらきらと輝く露を表現しています。中のつぶ餡はあっさりと上品な甘さで、日本茶はもちろん、紅茶、コーヒーともよく合います。

<ばいこう堂>雨をモチーフにした色とりどりの和三盆

1箱16個入:594円(税込)

<ばいこう堂>初夏の虹小箱 1箱16個入:594円(税込)

香川県産の「さぬき和三宝糖」を伝統の技で作り上げる、和三盆菓子の銘店<ばいこう堂>。季節の干菓子「初夏の虹」は、虹やてるてる坊主、傘をさす子どもの後ろ姿など、現代的でカラフルなデザインが斬新です。

和三盆特有の風味や、スッと消えていく口どけのよさを、ぜひじっくりと味わって。日持ちするので、贈り物にもおすすめです。

思わずにっこり。キュートな焼きまんじゅう<青柳総本家>

1箱 3個入:324円(税込)

<青柳総本家>カエルまんじゅう 1箱 3個入:324円(税込)

明治12年創業、「ういろう」で有名な名古屋の老舗菓子店<青柳総本店>。名古屋土産として親しまれる「カエルまんじゅう」は、愛嬌たっぷりなビジュアルが特徴の焼きまんじゅうです。

香ばしい焼き色の皮の中には、しっとりとした甘さ控えめのこし餡がぎっしり。カエルの顔は一つひとつコテで焼きつけているため、表情が少しずつ異なります。遊び心を感じるパッケージにも思わず顔がほころびそう。

古寺に咲く紫陽花を写した淡色の金平糖<豊島屋>

1箱:648円(税込)
※販売期間:2019年5月11日(土)~6月末または7月初旬頃(各日限定10個)

<豊島屋>あじさいだより 1箱:648円(税込)
※販売期間:2019年5月11日(土)~6月末または7月初旬頃(各日限定10個)

銘菓「鳩サブレー」で知られる、鎌倉の老舗和菓子店<豊島屋>。紫色や桃色、水色や黄緑色に色づけした可憐な金平糖には、雨季になると各所にあじさいが咲き誇る、鎌倉の風情が表現されています。

器に盛れば、情緒あふれるおもてなしにも。口に含むと優しい甘さが広がる、繊細で美しいひと品です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

FOODIE

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう