ライター : 服部 麗

管理栄養士

学生時代のインターンを経て、予防医療について興味を持つ。おいしく食事をしながら健康を目指す方法を発信中。

南部鉄器って?

南部鉄器は、岩手県盛岡市を中心とした地域で生産されている鉄器です。溶解した鉄を型に流し入れて作られ、現在は伝統的工芸品としても認定されています。 歴史は350年以上もあり、古くからのデザインを受け継いでいるものから、現代風にアレンジされたものまで数多く販売されています。 フライパンや急須、鍋、グリルパンなどさまざまな商品がありますが、どれも手作りしたような温かみがあり選ぶのが楽しくなりますよ。 南部鉄器と聞くと、どうしても扱いがむずかしいイメージがありますが、最初の使い方やお手入れ方法がしっかりわかれば簡単に使うことができますよ。

南部鉄器のフライパンのメリットは?

熱の伝導がはやい

南部鉄器は鉄の素材でできているため、熱の伝導がはやいことが特徴です。強火でさっと短時間で調理ができるので、食材独自の旨味をぎゅっと素早く閉じ込めおいしく仕上げることができますよ。

丈夫で傷が付きにくい

フッ素コーティングされているフライパンは、使いこんでいくうちに底の部分が剥がれてしまうこともありますが、南部鉄器はフライ返しや菜箸などを使っても底が剥がれることもなく傷がつきにくいのも嬉しいポイント。

長期間愛用できる

丈夫で傷みにくいので、南部鉄器は買ったら一生もの! 使えば使うほど味がでてくるので、長期間愛用することができます。 お手入れをしっかりすれば、半永久的に使用できますよ。

鉄分を補給できる

南部鉄器は使うたびに素材の鉄分が溶出してきます。この鉄分は、二価の鉄なので身体に吸収されやすく、鉄分補給にも効果が期待できるとされていますよ。 特に女性は貧血になりやすいので、南部鉄器のフライパンを使って料理をしながら手軽に鉄分を補給できるのは嬉しいですよね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS